コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足羽川 あすわがわ

3件 の用語解説(足羽川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足羽川
あすわがわ

福井県北部を流れる川。九頭竜川支流の日野川の支流をなす。全長 63km。岐阜県境,越美山地冠山付近に源を発して北流し,福井市東部から北西に流れ,市街地を経て日野川に合流する。中流は明治中期から水力発電に利用され,また福井平野に灌漑水を供給している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あすわ‐がわ〔あすはがは〕【足羽川】

福井県北部、福井平野の南東を流れる川。福井・岐阜両県の県境にある冠(かんむり)山北麓に源を発し、北流して福井市内を流れ九頭竜(くずりゅう)川支流の日野川に合流する。長さ63キロ。下流域は扇状地を形成する。福井市内の足羽川堤防は桜並木の名所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足羽川
あすわがわ

福井県北部を流れる川。福井・岐阜県境の冠(かんむり)山(1257メートル)付近に源を発し、越前(えちぜん)中央山地を南から北に曲流しつつ、さらに福井市美山(みやま)町で西方に流路を変え、福井平野に流入し、緩い扇状地をつくりながら、福井市を東西に貫流し日野川に合流する。延長57キロメートル。上流は小規模ながら水力発電の適地をなし、福井県における初期の発電地帯として福井方面の需要に応じた。なお、足羽川の支流部子川に足羽川ダムの建設が計画されている。鉄道開通前には三国(みくに)(現坂井市三国地区)から船運の便もあった。[印牧邦雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の足羽川の言及

【九頭竜川】より

…福井県嶺北地方を北流する川。支流の日野川,足羽(あすわ)川とともに下流域に福井平野を展開する。名称は〈崩れ川〉あるいは〈黒竜(くろたつ)川〉の転訛かという。…

※「足羽川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

足羽川の関連キーワード九頭竜川九頭竜ダム日野川九頭竜峡竹田川九頭竜今庄〈町〉福井県大野市長野九頭竜湖上志比[村]

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

足羽川の関連情報