コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車大路 クルマオオジ

デジタル大辞泉の解説

くるま‐おおじ〔‐おほぢ〕【車大路】

室町時代から江戸時代にかけての京都の道路の名。
東山区の北端から左京区岡崎に至る現在の岡崎通りの白川以北、丸太町通りまでの通り。鳥居大路。広道。
[補説]白川以南三条粟田口までをいうこともあった。
昔の五条通り、現在の松原通りの鴨川以東の道をいうか。
[補説]東山の大和大路とする説もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くるまおおじ【車大路】

京都の十禅師の辻(今の三条広道近辺)から黒谷に至る道。
京都の五条橋(今の松原橋)を渡って東山方面に至る道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

車大路の関連キーワード鎌倉(市)室町時代十禅師東山区五条橋助綱黒谷

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android