コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍票 ぐんぴょうmilitary currency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍票
ぐんぴょう
military currency

戦争に際して,占領地域で軍費調達のために政府あるいは軍によって発行される紙幣軍用手形軍用切手などとも呼ばれる。日本では西南戦争で,西郷軍が「西郷札」といわれる一種の軍を発行したのをはじめとし,日露戦争以後盛んに発行された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐ぴょう〔‐ペウ〕【軍票】

《「軍用手票(しゅひょう)」の略》主として戦地・占領地で、軍が通貨に代えて発行する手形。軍用手形。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

軍票【ぐんぴょう】

軍用手票の略。軍用手形,軍用切手とも。戦地もしくは占領地で軍費支弁のため軍隊または政府が発行する特別の紙幣。日本では日露戦争以来これを大規模に使用し,第1次大戦,シベリア出兵日中戦争などの時に円貨標示の軍票を発行し,第2次大戦では東南アジア各地で現地通貨の軍票を発行した。
→関連項目紙幣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんぴょう【軍票】

戦争またはこれに準ずる事変,国外出兵の際に,作戦地域,駐留地域において軍が経費支弁のために使用する支払証票で,通常は政府紙幣の形態をとっている。正確には軍用手票といい,日清戦争時には軍用切符と称した。戦時に軍票が発行されるのは,正貨ないし外貨の節約,物資調達や支払上の便宜(現地通貨の調達は円滑にいく保証がない),本国通貨使用による本国通貨への悪影響(本国通貨の価値の動揺等)の防止,経済戦争実施による相手国抗戦力の経済的基礎を動揺させる効果,などの理由による。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんぴょう【軍票】

〔「軍用手票しゆひよう」の略〕
戦地・占領地で軍が正貨に代えて発行する紙票。軍用手形。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍票
ぐんぴょう

戦争に際して主として占領地で軍の作戦行動に必要な物資や労力への支払い、軍人・軍属の俸給・給与の支払いに用いるため、政府または軍が発行する特殊通貨。軍用手票(しゅひょう)、軍用切符、軍札、仕払証票とも称し、軍票は軍用手票の略。通貨単位は、本国通貨単位の場合と占領現地通貨単位の場合とがあり、概して後者の例が多い。戦時に際し、占領地で本国通貨を使用すると、増発による本国通貨価値の低下および財政の混乱、現地流通の障害、通貨基準の違い、輸送困難などの弊害が生じるため、軍事予算とは別枠で新規のデザインで発行使用される。原則として終戦後、本国通貨により精算される決まりだが、発行国が敗戦のときには無価値となることがある。歴史的には19世紀、中国軍閥が使用し始め、第一次、第二次世界大戦で連合軍、ドイツ軍がそれぞれ発行した。
 日本では西南戦争に西郷軍が発行した西郷札が最初で、以後日露戦争、シベリア出兵、日中戦争、大東亜戦争などで使用した。大東亜戦軍票(大蔵省発行)の単位は、ペソ、センタボ(フィリピン)、ドル、セント(マレー)、ポンド、シリング(オセアニア)、ルピー、セント(ビルマ)、グルデン、ルピア、セント(インドネシア)などである。[寺田近雄]
『太田保著『日本紙幣軍票図鑑』(1976・万国コインクラブ) ▽寺田近雄著『日本の軍票』(1987・アド・ユニ、不二出版販売)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

軍票の関連キーワード俵・兵・剽・憑・標・氷・漂・瓢・票・表・評・豹・飄横浜正金銀行日米地位協定満州中央銀行戦後補償儲備券B円売春

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍票の関連情報