コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農地排水 のうちはいすい

1件 の用語解説(農地排水の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のうちはいすい【農地排水】

農地の水分環境を適正に保つために,地表や地下の過剰水を排除すること。日本では平均年間降水量が1800mmくらいで,世界全体の平均値の約1.8倍といわれる。しかも梅雨季や台風時など特定の時期に集中して降る傾向にあり,農地,農作物などに大きな被害をもたらすことが多い。そこで古くから,河川堤防,排水樋門(ひもん)などを作り,外水の浸入を防いできた。昭和20年代から排水ポンプの実用化に伴い,地区内の地表水を早期に排除し,湛水(たんすい)被害の軽減を図ることが行われ,農地の拡大と食糧増産に寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農地排水の関連キーワード水抜け特別用途地区農業法人汽水分離器身代薬不適正意見無限定適正意見いつ(溢)流農地の利用集積面積人事院勧告(人勧)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農地排水の関連情報