コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農民協会 のうみんきょうかいnóng mín xié huì

世界大百科事典 第2版の解説

のうみんきょうかい【農民協会 nóng mín xié huì】

中国の農民組合をいい,農協,農会とも略称する。1921年9月浙江省蕭山県にできた衙前農民協会が最初とされるが,広範に発展するのは広東省海豊・陸豊地方で,優れた農民運動指導者の彭湃により22年9月労山農会が組織され,翌年1月には海豊県総農会が成立,会員は県人口の4分の1を占める10万に達した。湖南省衡陽県の岳北・白果一帯でも23年初頭に毛沢東の指導で農民運動が起こり,同年9月岳北農工会ができている。その後国共合作下の国民党中央農民部は24年6月〈農民協会章程(規約)〉を公布,農民運動講習所を広州ついで武漢に開設,彭湃,毛沢東らの指導で農村幹部を養成し,各地に農民協会と農民自衛軍を組織した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

農民協会の関連キーワード農民協会[中国]中国土地改革法土地革命戦争中国農民協会和合 恒男五・四運動和合恒男馬日事件

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android