コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤日出造 こんどうひでぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近藤日出造
こんどうひでぞう

[生]1908.2.15. 長野,更埴
[没]1979.3.23. 東京
漫画家。本名,秀蔵。高等小学校卒業後,1926年に上京。 28年に岡本一平の門下となって政治漫画の修業を積み,32年,杉浦幸雄横山隆一横井福次郎ら若手漫画家を集めて「新漫画派集団」を結成。 33年読売新聞社嘱託。軍国主義化の強まるなかで,時事漫画月刊誌『漫画』を創刊し,第2次世界大戦後一時的にこれを復刊。似顔絵では清水崑と並び活躍したが,後年,評論風の仕事が多くなった。 74年に紫綬褒章,75年に菊池寛賞を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こんどう‐ひでぞう〔‐ひでザウ〕【近藤日出造】

[1908~1979]漫画家。長野の生まれ。本名、秀蔵。岡本一平師事したのち、読売新聞社において政治風刺漫画を多数執筆した。後進の指導にも尽力。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

近藤日出造【こんどうひでぞう】

漫画家。本名秀蔵。長野県生れ。1926年上京,1928年岡本一平に師事。1932年には杉浦幸雄,横山隆一らと新漫画派集団(第2次大戦後漫画集団と改称)を結成し,純粋に笑いを扱うナンセンス漫画を主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤日出造 こんどう-ひでぞう

1908-1979 昭和時代の漫画家。
明治41年2月15日生まれ。岡本一平に師事。昭和7年杉浦幸雄,横山隆一らと新漫画派集団(戦後に漫画集団と改称)を結成,リーダーとなる。39年日本漫画家協会初代理事長。「読売新聞」でながく政治漫画をかいた。50年菊池寛賞。昭和54年3月23日死去。71歳。長野県出身。本名は秀蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

近藤日出造の関連キーワード千曲市ふる里漫画館もりた なるお小野 佐世男六浦 光雄西川 辰美塩田英二郎横山 隆一昭和時代加藤芳郎清水 崑吉本三平那須良輔六浦光雄西川辰美近藤

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近藤日出造の関連情報