コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逃亡婚 とうぼうこん elopement marriage

2件 の用語解説(逃亡婚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逃亡婚
とうぼうこん
elopement marriage

婚姻の一形態。自由に選択した配偶者との婚姻が,特に娘の共同体によって承認されない場合,男女が合意のうえで共同体から離脱することによって婚姻の承認を得ることができるというもの。日本では,駆落ちと呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逃亡婚
とうぼうこん

婚姻の一形態であり、男女がともにその居住地から逃げて達成する婚姻。いわゆる「駆落(かけおち)」はこれに含まれる。原因はいくつか考えられる。まずその婚姻がなんらかの規制により禁止されている場合で、各社会で定められている婚姻規制や、その社会の規範に反する場合がこれにあたる。次に両親など親族の同意を得られない場合で、婚姻に際して親族の決定権が大きい社会では頻繁におこる。あるいは、婚姻に際して相手側(しばしば妻となる女性側)に高額の婚資を支払うことが義務づけられており、これを支払うことができない場合、一つの方法として逃亡婚が行われる。逃亡婚を行った夫婦は社会的制裁が加えられることが多いが、そのあとで、黙認などなんらかの妥協がなされる場合があり、あらかじめそれを見込んでする逃亡婚もある。さらにはそれが発展して慣習化している例もある。ネパールの一地域では婚姻の際、妻側に多額の金を支払うことになっているが、他人の妻と逃亡するのがもっとも支払いが少なくてすむので、これが頻繁におこる。また、日本の一部の地域で伝統的に行われてきた「嫁盗み」とよばれるような習慣は、承認されにくい結婚を周囲に認めさせるという意味では、逃亡婚に近い側面がある。[豊田由貴夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

逃亡婚の関連キーワード逆縁婚集団婚族外婚族内婚内婚制複婚一親等配偶者配偶者特別控除加給年金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone