コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通商司 つうしょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通商司
つうしょうし

明治政府の経済官庁。明治2 (1869) 年2月に各開港場に貿易事務処理機関として設置された。輸入品などはすべてこの機関を経て購入され,貿易振興などに寄与。のちには貿易事務処理だけでなく,国内・国外通商全般を統轄する機関となったが,同4年7月5日事務を大蔵省に移して廃止。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通商司
つうしょうし

1869年(明治2)2月22日、外国官の下に開港場などに置かれた貿易、金融、商業の管理機関。同年3月15日に商法司が廃止されたのち、会計官ついで大蔵省に転属し、明治初年の経済全般に権限をもった。東京通商司に伊藤博文(ひろぶみ)、大阪通商司支署に井上馨(かおる)ら、横浜通商司支署に五代友厚(ごだいともあつ)が責任者として就任。政策遂行のため半官半民の通商会社と為替(かわせ)会社を設立、貿易とその資金供給に密接な関係をもった。両会社は東京、大阪、京都、横浜、神戸、新潟、大津、敦賀(つるが)に設けられたが、いずれもその地の旧幕期以来の豪商の力に依拠した。横浜為替会社以外は多くの負債を抱え、71年7月通商司廃止で解散した。[加藤幸三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の通商司の言及

【通商会社】より

…通商司の管理下に設立された内外商業の統制にあたる会社。維新政府の初期の経済政策は,商品・貨幣市場の統一と集権化の促進のため,三都その他の商人資本の動員と,鉱山・鉄道など重要産業の政府直営を軸に進められた。…

※「通商司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通商司の関連キーワード嘉納治兵衛(5代)九十九商会鹿島万平三井高福加藤祐一通商会社廻漕会社井上馨中之島

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android