連事(読み)つらね

  • れんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中世の延年芸能の一種。「れんじ」ともいう。事の由来を言葉で長々と述べる和漢故事題材とし,2,3人の演者問答や歌で連ねる。その素朴な構成は,延年に連猿楽という名称もみられるところから,猿楽と関連があるとされる。歌舞伎にも「つらね」という雄弁術がある。歌舞伎十八番の『 (しばらく) 』の主人公が花道で述べる長い独白がその代表的なもの。美文調のせりふを,何人かで分担して述べる「渡りぜりふ」や,河竹黙阿弥の作品にある長い名調子のせりふなども,この「つらね」の変形とみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中世の寺院における延年の芸能。従来は〈つらね〉と読まれることが多かったが,近年は〈れんじ〉と読まれている。《多聞院日記》永正2年(1505)5月4日条の延年記事中に〈連仕〉の表記が見えている。連事は問答と歌謡とからなる素朴な劇で,2~3人の登場人物が崑崙山とか潯陽(しんよう)の江(え)とかの著名な地を尋ね,その地にちなむ詩歌詠したりするが,ままその地にちなむ人物が登場するものもある。同じく劇の形態をもつ延年の風流(ふりゆう)に比べ歌謡性が濃厚で,台本には〈白拍子〉〈一頭〉〈同音〉〈甲一頭〉〈〉〈訓伽陀〉〈早歌〉〈下〉〈翁声〉と節の指定が豊富であるが,風流にあった舞の要素が連事にはほとんどない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の連事の言及

【延年】より

…そして,時の経過とともに延年芸にはさまざまの意匠がこらされ,演ぜられる芸能の種類もしだいに増加していった。たとえば多武峰では6月の蓮華会の延年が盛大であったが,その蓮華会延年の室町後期における演目をみると,頌物,俱舎舞(くしやまい),切拍子,乱拍子,音取(ねとり),楽,朗詠,白拍子,開口,連事(れんじ),狂物,伽陀,小風流,大風流,鉾振(ほこふり)などがあり(1515年(永正12)の《蓮華会延年式目》),演目の増加と次第の整備がいっそう進んでいることがわかる。これを興福寺など他の寺院の室町期の演目に比較してみると,多少の出入りはあるが,大略は上記の多武峰蓮華会の延年式目に一致する。…

【問答】より

延年(えんねん)や猿楽能にも,一曲の見せ場を導くために問答を設定する場合がある。延年の大風流(おおふりゆう)では,問答によって走物(はしりもの)などの風流衆を導き,舞楽で納め,連事(れんじ)では白拍子(しらびようし)などの歌謡を導く。能では一曲のうちに〈問答〉という謡事(うたいごと)小段をもつ曲があり,とくに現在能では現在進行形の緊迫した対話で,一曲を進める場合もある。…

※「連事」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android