過激社会運動取締法案(読み)かげきしゃかいうんどうとりしまりほうあん

大辞林 第三版の解説

かげきしゃかいうんどうとりしまりほうあん【過激社会運動取締法案】

1922年(大正11)高橋是清内閣が提出した社会運動弾圧法案。議会内外の反対運動の中で廃案となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

過激社会運動取締法案【かげきしゃかいうんどうとりしまりほうあん】

1922年2月,高橋是清内閣が提出した法案。朝憲(ちょうけん)を紊乱(びんらん)する事項,あるいは社会の根本組織を暴力によって変革する事項を宣伝し,また宣伝の目的で結社・集会・大衆運動を行った者を処罰する。同年3月,貴族院で可決され,衆議院で審議未了。後にその内容は治安維持法として実現した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かげきしゃかいうんどうとりしまりほうあん【過激社会運動取締法案】

第1次世界大戦後の新たな社会運動の高揚に対し,治安対策の整備強化のため,1922年2月高橋是清内閣が貴族院に提出した法案。その内容は,無政府主義共産主義など〈朝憲を紊乱(びんらん)する〉事項を宣伝しまたは宣伝しようとしたものは7年以下,そのための結社・集会・運動については10年以下,社会の根本組織を暴力的手段で変革することを宣伝しまたは宣伝しようとしたものは5年以下の懲役または禁錮に処す,というものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過激社会運動取締法案
かげきしゃかいうんどうとりしまりほうあん

第一次世界大戦後、ロシア革命の影響を受けた革命的な社会運動の高揚を恐れた政府(高橋是清(これきよ)内閣)が、その取締りを目ざして1922年(大正11)第45議会に提出した法案。無政府主義、共産主義など国家にとって「危険」な思想を宣伝した者に対して7年以下、またそうした思想の実現を目ざして結社をつくったり集会やデモをした者には10年以下の懲役・禁錮、という重罰を科そうとするものであった。天皇制国家の下ではもともと市民の政治的活動は厳しい抑圧にさらされていたため、そのうえこのような悪法ができることに対しては新聞などが強い反対論を展開し、結局法案の成立は阻止された。しかしこの法案の内容は25年に治安維持法という形で実現をみる。[渡辺 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の過激社会運動取締法案の言及

【治安維持法】より

…〈世界改造〉を求めるこの新しい運動と植民地・勢力圏での民権解放運動の発展に深刻な危機感をいだいた日本の伝統的支配層は新しい治安体制を模索し,19年朝鮮に〈政治ニ関スル犯罪処罰ノ件〉を公布し,20年には思想弾圧のため森戸事件を起こした。次いで22年に過激社会運動取締法案を議会に提出した。この法案は〈朝憲を紊乱する事項〉を実行・宣伝した者を取り締まるというもので,条文の規定があいまいで乱用のおそれがあったためマス・メディア,学者,弁護士,野党の憲政会,国民党が強く反対し,審議未了となった。…

※「過激社会運動取締法案」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android