選挙法改正運動[イギリス](読み)せんきょほうかいせいうんどう[イギリス](英語表記)Reform Movement

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選挙法改正運動[イギリス]
せんきょほうかいせいうんどう[イギリス]
Reform Movement

18世紀後半に始って 1832年「第1次選挙法改正法案」を成立させた,議会制度改革運動。 18世紀イギリスの選挙制度は中世末期のそれと変りなく,選挙権には財産によるきびしい制限が設けられ,また産業革命の進展による人口移動で,有権者のきわめて少い選挙区や,代表を出せない新興工業都市が出現するなどの矛盾をかかえ,18世紀後半にはピット (大) の改革案提出,J.ウィルクス,J.カートライトらの改革運動が行われた。ピット (小) は選挙問題調査委員会設置を議会に提案 (1782) ,さらに首相就任後,腐敗選挙区廃止,議席の再配分を提案した (85) が,いずれも否決された。フランス革命とナポレオン戦争の間は,ホイッグ党の C.グレーやロンドン通信協会などによって運動が進められ,J.ベンサムや W.コベットが啓蒙活動を続けた。このグループの F.パーデットは,ラッダイトピータールーの虐殺事件にみられる社会危機を解決するために,選挙法改革案を2度 (1817,18) 議会に出したが否決され,30年までのホイッグ党議員の改革案はすべて失敗した。 29年に始る不況と 30年の七月革命の影響によって院外の大衆運動が高まり,T.アトウッドを中心にしたバーミンガム政治同盟は,選挙法改正運動を大々的に展開した。 30年登場したホイッグ党グレー内閣は 31年改正法案を提出,下院での多数獲得に成功,上院の反対にあって一時は総辞職の危機に追込まれたが,暴動寸前の大衆運動の高まりもあって上院の譲歩をかちとり,32年6月「第1次選挙法改正法」を成立させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android