コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都市経営 としけいえい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都市経営
としけいえい

自治体行政を単なる地方行政としてではなく,地域行政,地域経営ととらえようとする考え方。民間委託を進め小さな自治体を目指そうとする減量経営の考え方と,自治体行政に民間の資金や技術を活用し第三セクターを介在させながら町づくりを進めようという考え方の2つの流れがある。いずれもマネージメント (経営) という考え方を自治体運営や町づくりに適用していこうというもので,今後の自治体行政における新しい行政姿勢として注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

としけいえい【都市経営】

都市経営の理念は,地方自治体を政策主体として,陳腐化した官庁労務・人事・組織・財務管理の殻を破って,地方自治権をも活用し,積極的に私経済への介入,民間企業との競合,官庁方式からの脱皮を行いながら,都市の成長,社会の公平を図っていくことにある。その政策理念の背景には,都市活動によってもたらされる社会的な成果物としての資金,空間,エネルギーなどを,地方公共団体のなかに取り込み,公的施策を通じて地域社会に還元することによって,社会福祉の極大化を図っていこうとする公共経済的発想がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

都市経営の関連キーワードコンバージョン特別区の歩み福山市立大学委員会制度宮崎 辰雄環境問題

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

都市経営の関連情報