コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒々井[町] しすい

世界大百科事典 第2版の解説

しすい【酒々井[町]】

千葉県北部,印旛(いんば)郡の町。人口2万0019(1995)。印旛沼南東岸に位置し,下総台地の中央部を占める。中心集落の酒々井は近世成田街道の宿駅として栄えた町で,幕府の馬牧佐倉牧の御払場と野馬会所も置かれ,毎年秋の捕馬の時季には馬のせり市が行われた。現在は周辺農村の小商業中心で,JR成田線,京成成田線,国道51号線が通る交通の要地である。近年,駅周辺で住宅地開発が進み,1970年代中ごろから人口が増加しており,東京区部や千葉市などへの通勤者がふえている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

酒々井[町]の関連キーワード下総