酸化ニッケル(読み)さんかにっける(英語表記)nickel oxide

日本大百科全書(ニッポニカ)「酸化ニッケル」の解説

酸化ニッケル
さんかにっける
nickel oxide

ニッケルと酸素の化合物。次のようなものが知られているが、組成構造の明確なのは酸化ニッケル(Ⅱ)だけである。

(1)酸化ニッケル(Ⅱ)(一酸化ニッケル) 天然にはブンゼナイトとして産出する。ニッケル(Ⅱ)の水酸化物、炭酸塩、シュウ酸塩などを熱分解すると、熱に安定な緑色粉末として得られる。室温で反強磁性を示し、1.3BMに近い磁気モーメントをもつ。水に不溶であるが、酸やアンモニア水に溶ける。ガラス、陶磁器着色材料、水素添加用触媒などに使用される。

(2)酸化ニッケル(Ⅲ) 化学式Ni2O3(三酸化二ニッケル)硝酸ニッケル(Ⅱ)を空気中で300℃に熱すると得られるが、微量の水を含んでいる。灰黒色粉末、アルカリ蓄電池に使われる。

(3)酸化ニッケル(Ⅳ) NiO2(二酸化ニッケル、過酸化ニッケル) 酸化ニッケル(Ⅱ)に酸素が吸着したものといわれる。水酸化ニッケルをアルカリ性溶液中で次亜塩素酸塩などで酸化すると得られる。緑灰色粉末、酸化剤として使用される。

[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版「酸化ニッケル」の解説

酸化ニッケル
サンカニッケル
nickel oxide

】酸化ニッケル(Ⅱ):NiO(74.69).ニッケルを酸素中で加熱すると得られる.緑色の粉末.密度6.96 g cm-3.融点1998 ℃.水に不溶,酸に可溶.水素中で加熱すると粉末状ニッケルに還元され,水素添加用触媒に用いられる.ニッケル塩の製造,ガラスや陶磁器の着色剤にも用いられる.[CAS 1313-99-1]【】酸化ニッケル(Ⅲ):Ni2O3nH2O.完全な無水物は得られていない.水和物のみ知られている.水和物は一般にはオキシ酸化ニッケル(Ⅲ),酸化水酸化ニッケル(Ⅲ)とよばれ,NiOOHで表されている.水酸化ニッケル(Ⅲ)とよばれているものも,実体はこのものである.黒灰色の粉末.水に不溶.ニッケル-カドミウムアルカリ電池,燃料電池,触媒などに用いられる.[CAS 1314-06-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「酸化ニッケル」の解説

酸化ニッケル
さんかニッケル
nickel oxide

化学式 NiO。天然にはブンゼナイトとして産出。灰緑色粉末または灰黒色の正八面体結晶。融点 1998℃,比重 7.0。水酸化ニッケルや硝酸ニッケルを強熱するとできる。ガラスの着色や陶磁器のに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「酸化ニッケル」の解説

さんかニッケル【酸化ニッケル nickel oxide】

酸化数IIおよびIIIのニッケルの酸化物が知られている。酸化数IVのニッケルの酸化物に相当する組成の酸化物NiO2は,平均酸化数が3.3であるといわれているが構造は不明である。
[酸化ニッケル(II)]
 化学式NiO。天然にブンゼナイトとして産する。硝酸ニッケル(II)を900~1000℃に加熱すると得られる。緑色粉末。融点1998℃。反強磁性。不定比化合物で,酸素原子を過剰に含みやすい。水に不溶,酸およびアンモニア水に可溶。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android