釈迦金棺出現図(読み)しゃかきんかんしゅつげんず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈迦金棺出現図
しゃかきんかんしゅつげんず

仏伝図の一変種。『摩訶摩耶経』を典拠に入涅槃後,釈迦忉利天より降下して,悲嘆にくれていた生母摩耶夫人のために,金棺より身を起こし生死の因縁を説く奇跡を描いた図。釈迦再生説法図ともいう。遺例は中国の敦煌莫高窟千仏洞)壁画などにも見られ,日本では京都国立博物館の国宝『絹本著色釈迦金棺出現図』が最も著名である。劇的な場面を巧みな構図と効果的な色彩配置で描いた作品で,一部に見られる軽い動きのある描線の性質から平安時代後期の作とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

釈迦金棺出現図【しゃかきんかんしゅつげんず】

仏画画題の一つ。釈迦の涅槃(ねはん)を知って訪れた母摩耶夫人(まやぶにん)の悲嘆を前にして,釈迦が棺から起き上がり光明に輝きながら母を説法するという奇跡を描く。京都国立博物館所蔵のものが唯一の遺例で,平安末期の仏画中の傑作。合掌する釈迦を中心とし,会衆の視線を集中させて構図の統一をはかり,優美な線と豊かな彩色,切金を使用している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかきんかんしゅつげんず【釈迦金棺出現図】

涅槃(ねはん)に入った釈迦が,忉利(とうり)天より下ってきた生母摩耶夫人のために,棺から再び金色身をあらわして仏滅の真理を説いたという《摩訶摩耶経》の所説を描いたもの。京都国立博物館所蔵のこの図(国宝)は,高野山の《仏涅槃図》《阿弥陀聖衆来迎図》と並ぶ平安時代三大仏画の一つ。釈迦入涅槃の悲愁をあらわす涅槃図に対し,再生説法の奇跡を表現した本図は他に類例が少なく,敦煌壁画の仏伝図や鎌倉時代八相涅槃図の中にいくつかの遺例があるものの,この場面を単独で大画面に構成した唯一の遺例である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android