コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦金棺出現図 しゃかきんかんしゅつげんず

3件 の用語解説(釈迦金棺出現図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈迦金棺出現図
しゃかきんかんしゅつげんず

仏伝図の一変種。『摩訶摩耶経』によって入涅槃後,釈迦がとう利天より降下して,悲嘆にくれていた生母摩耶夫人のために,金棺より身を起し生死の因縁を説く奇跡を描いた図。釈迦再生説法図ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

釈迦金棺出現図【しゃかきんかんしゅつげんず】

仏画の画題の一つ。釈迦の涅槃(ねはん)を知って訪れた母摩耶夫人(まやぶにん)の悲嘆を前にして,釈迦が棺から起き上がり光明に輝きながら母を説法するという奇跡を描く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかきんかんしゅつげんず【釈迦金棺出現図】

涅槃(ねはん)に入った釈迦が,忉利(とうり)天より下ってきた生母摩耶夫人のために,棺から再び金色身をあらわして仏滅の真理を説いたという《摩訶摩耶経》の所説を描いたもの。京都国立博物館所蔵のこの図(国宝)は,高野山の《仏涅槃図》《阿弥陀聖衆来迎図》と並ぶ平安時代三大仏画の一つ。釈迦入涅槃の悲愁をあらわす涅槃図に対し,再生説法の奇跡を表現した本図は他に類例が少なく,敦煌壁画の仏伝図や鎌倉時代八相涅槃図の中にいくつかの遺例があるものの,この場面を単独で大画面に構成した唯一の遺例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釈迦金棺出現図の関連キーワード有余涅槃涅槃経入涅槃涅槃講涅槃像涅槃門仏涅槃法華涅槃時釈迦の本地涅槃仏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釈迦金棺出現図の関連情報