里庄町(読み)さとしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里庄〔町〕
さとしょう

岡山県南西部,笠岡市東隣にある町。 1950年町制。町名は 1905年里見村と新庄村の合体に際して両村名の合成による。南北丘陵にはさまれた低地新庄があり,国道2号線沿いに鉄工,機械関係の中小工場が進出。周辺ではモモ,カキなどの果樹,イチゴを栽培する。耐火力に富み七輪火鉢などを作る特産の大原焼が名高い。備中杜氏の出身地である。 JR山陽本線が通じる。面積 12.23km2。人口 1万929(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

里庄町の関連情報