コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢喜八郎(初代) のざわ きはちろう

2件 の用語解説(野沢喜八郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野沢喜八郎(初代) のざわ-きはちろう

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
義太夫節。初代竹沢権右衛門の高弟で野沢流の始祖。豊竹越前少掾(えちぜんのしょうじょう)の相三味線をつとめた。享保(きょうほう)13年(1728)ごろ死去。通称は野沢屋喜八。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野沢喜八郎(初代)

没年:享保13頃(1728)
生年:生年不詳
江戸中期の義太夫節三味線弾き。野沢派の祖。通称間の町。初代竹沢権右衛門の門弟。人形浄瑠璃豊竹座の三味線指導者。享保11(1726)年,豊竹上野少掾(のちの 越前少掾)に「北条時頼記」中「女鉢の木」で派手な弾奏をして,技巧的で派手な東風の源となった。なお彼の門弟2代目喜八郎は浄瑠璃の番付に三味線弾きの名を掲げるようにした功労者といわれている。<参考文献>『義太夫年表/近世篇1』,野沢勝平事加藤善一『野沢の面影』,4代目竹本長門太夫著・木谷蓬吟校訂『浄瑠璃大系図』(音曲叢書6巻)

(鎌倉惠子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone