コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野辺地[町] のへじ

百科事典マイペディアの解説

野辺地[町]【のへじ】

青森県上北郡,陸奥(むつ)湾南東岸の町。主集落は江戸時代盛岡藩の港で,大坂や松前(北海道)との海上交通の基地であった。青い森鉄道が通じ,大湊(おおみなと)線が分岐。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のへじ【野辺地[町]】

青森県東部,上北郡の町。人口1万5969(1995)。下北半島の基部にあたり,陸奥湾の支湾の野辺地湾に面する。近世,盛岡藩の北の門戸であった野辺地湊を中心に発達した。このため上方とのつながりも強く,祇園ばやしにそのなごりがみられる。明治以降,東北本線の開通により野辺地港は役割を失い,1921年に大湊線の開通によって下北半島への基点となったが発展はみられなかった。偏東風(やませ)の影響が強く稲作は振るわないが,1956年から国営北部上北大規模機械開墾が開始され,これにより酪農が発達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

野辺地[町]の関連キーワード青森県上北郡

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android