コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛夜叉明王 こんごうやしゃみょうおうVajrayakṣa

6件 の用語解説(金剛夜叉明王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛夜叉明王
こんごうやしゃみょうおう
Vajrayakṣa

五大明王の一つで,北方に配置されている。忿怒形をもち,三面六臂である。また釈迦如来の化身ともいわれている。金剛夜叉法といわれる修法は,調伏と息災を祈って行われるものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こんごうやしゃ‐みょうおう〔コンガウヤシヤミヤウワウ〕【金剛夜叉明王】

《〈梵〉Vajra-yakṣaの訳》五大明王の一。北方を守護し、悪魔を降伏(ごうぶく)する。三面六臂(ろっぴ)で、中心の面は五眼。火炎を負い、怒りの相を表す。杵(しょ)・箭(せん)・剣・弓などを持つ。金剛夜叉。金剛薬叉(やくさ)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金剛夜叉明王 こんごうやしゃみょうおう

密教の明王。
不空成就如来の化身とされ,すべての悪をくいつくす。三面六臂(ろっぴ)の忿怒(ふんぬ)相で,中央の顔には五つの眼があり,手には武器をもつ。京都の教王護国寺,醍醐(だいご)寺などの像が有名。五大明王のひとつで,北方を守護する。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうやしゃみょうおう【金剛夜叉明王】

サンスクリット名Vajrayakṣa五大明王の一尊で,北方不空成就如来の教令輪身(きようりようりんしん)(忿怒身)とされる。烏蒭沙(瑟)摩(うすさま)明王と同体と考える説もある。身色は青黒色で三面六臂(ぴ)あり,片足を挙げて立つ。正面の顔は五眼があり,第1手は左手に五鈷鈴(ごこれい),右手に五鈷杵(しよ),第2手は左に弓,右に箭(や),第3手は左に輪宝,右に剣を持つ。悪を除き息災の祈願を目的として,この尊を本尊に金剛夜叉法を修する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こんごうやしゃみょうおう【金剛夜叉明王】

〘仏〙 〔 Vajra-yaksa〕 五大明王の一。北方に配され、三面六手または一面四手の忿怒ふんぬの相で表される。これを本尊として、調伏・息災を祈る修法(金剛夜叉法)がある。金剛夜叉。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金剛夜叉明王
こんごうやしゃみょうおう

五大明王の一尊。北方の尊。サンスクリット語でバジラヤクシャVajra-yakaといい、金剛薬叉とも音写する。密号を調伏(ちょうぶく)金剛という。三面六臂(ろっぴ)像で、中心面は五眼、手に弓、箭(や)、剣(つるぎ)、輪印、五鈷杵(ごこしょ)、金剛鈴を持つ。烏枢沙摩(うすさま)明王と同体とする説がある。『瑜祇経(ゆぎきょう)』下巻にこの尊を中心とする金剛夜叉曼荼羅(まんだら)図を説くが、日本ではあまり制作されなかった。[真鍋俊照]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金剛夜叉明王の関連情報