金子政吉(2)(読み)かねこ まさきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子政吉(2) かねこ-まさきち

1857-1934 明治-昭和時代前期の侠客(きょうかく)。
安政4年生まれ。「魚河岸の政」といわれた東京佃島(つくだじま)の親分。関東大震災のとき住民を指揮し,佃島を火災からまもった。魚河岸の築地移転,争議解決に奔走し,まずしい患者のため東京市立築地病院に20万円の寄付を計画するなど,住民の福祉につくす。昭和9年3月8日死去。78歳。江戸出身。通称は佃政。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android