コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金屋子神 カナヤゴガミ

5件 の用語解説(金屋子神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かなやご‐がみ【金屋子神】

たたら師・鍛冶(かじ)屋など金属関係の業者が信仰する神。この神が中国山地に降臨して、たたら製鉄が始まったと伝えられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金屋子神 かなやごがみ

伝承上の神。
中国山地を中心に鍛冶(かじ)や鋳物師(いもじ)などの間でまつられる。この地方におおい,たたら(大型ふいご)の守り神とされ,島根県能義郡(のぎぐん)広瀬町の金屋子神社をはじめ各地の神社でまつられている。この神は,血のけがれを忌(い)むが,死のけがれは忌まないという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かなやごがみ【金屋子神】

単に金屋神とも,また金鋳神(かないがみ)ともいう。たたら師,鉄穴師(かんなじ),鍛冶,鋳物師(いもじ)などの間で祭られている火の神・製鉄の神。〈金屋〉とはおおむね中世から近世の初めころにかけて使われていた,採鉱冶金の徒を意味する言葉で,その金屋が持ち歩いていたためにこの名がある。近世になり,職業の分岐に伴って,鉱山では主として山の神を守護神とするようになり,この金屋子神の方は主として砂鉄製錬のたたらおよびそれに直接つながるもののみの神となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かなやごがみ【金屋子神】

鍛冶かじ師・たたら師・鋳物師いもじなどが信奉する鉄の神・火の神。東北から九州まで広く分布しているが、特に中国地方で盛ん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金屋子神
かなやごがみ

鍛冶(かじ)職、鋳物(いもの)師、冶金(やきん)業者、炭焼きなどが祀(まつ)る神。中国山地にはたたら(冶金に用いる大型ふいご)が多く存在した関係で、この神を祀った所が多い。その中心は島根県安来(やすぎ)市広瀬町西比田(にしひだ)の金屋子神社で、神官阿部氏は絶大な法力を伝えた家だという。「金屋子神祭文」(『鉄山叢書(てつざんそうしょ)』所収)によると、初め高天原(たかまがはら)から播磨千種(はりまちぐさ)に降臨、のち白鷺(しらさぎ)に乗って出雲(いずも)比田山中に移り、7か所にふいごを立て製鉄を教えたという。また『金屋子神縁起抄』によれば、山の神と海竜王の姫との間に生まれた金山姫命(かなやまひめのみこと)が、金山彦神と結ばれて生まれたのが金屋子神だという。金屋子神は女神で犬や赤不浄(血の穢(けがれ))は忌むが、黒不浄(死の穢)を忌まないという伝承が伴う。[萩原龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金屋子神の言及

【鍛冶屋】より

…事実彼らと農民とのあいだには少なからぬ習慣の違いがあり,信仰の違いもあった。農民が田の神をまつるのに対して,彼らは火の神,鉄の神である〈金屋子神(かなやごがみ)〉をまつるが,この神は清浄をもっぱらとし,血の穢(けが)れを極端に嫌う一方,死の穢れはいとわぬという奇妙な伝承があった。そうしたことから一般農民は鍛冶を一面では気味悪がり,他面では頼りにするという気持ちをもった。…

【職業神】より

…だが丁場(ちようば)と呼ばれる石切場で石材採掘をする山石屋のあいだでは山の神をまつる風習があり,11月7日に丁場にぼた餅,神酒を供えてまつり一日仕事を休む。 冶金,鋳金,鍛鉄の業,すなわち鑪師(たたらし)や鋳物師(いもじ),鍛冶屋の神としてその信仰のもっともいちじるしいのは荒神,稲荷神,金屋子神(かなやごがみ)である。荒神は竈荒神,三宝荒神の名があるように一般には竈の神,火の神として信仰され,なかには別種の荒神として地神,地主神あるいは山の神として信仰される場合もあるが,鍛冶屋など火を使う職業の徒がこれを信仰することは,火の神としてまつられる荒神の性格からきたものであり,それには修験者や陰陽師などの関与もあった。…

【たたら(鑪∥踏鞴)】より

…たたら作業は送風と火の色の判断が重要で,砂鉄採取である鉄穴流し(かんながし)を農民が行うほかは,すべてたたら師が行った。たたら師は守護神として金屋子神(かなやごがみ)をまつったが,この神はたたら技術の祖神ともされ,村下に技術を伝授したとか,たたら師の先祖をいっしょに連れて降臨したと伝えられている。たたら作業は危険で一瞬の判断ミスも許されない作業だけに,女や血の穢(けが)れはきびしく忌まれた。…

※「金屋子神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金屋子神の関連キーワード金屋藍紙いがみの権太鬼に金棒客神猿神下金屋商い神尾髪中越合金鋳工

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金屋子神の関連情報