金成[町](読み)かんなり

百科事典マイペディアの解説

金成[町]【かんなり】

宮城県北部,栗原郡の旧町。肥沃な金成耕土に恵まれ,稲作が盛ん。良質の迫米(はさままい)を産する。主集落は奥州街道の旧宿場町。くりはら田園鉄道,東北自動車道が通じる。沢辺にはゲンジボタル発生地(天然記念物)がある。2005年4月栗原郡築館町,若柳町,栗駒町,高清水町,一迫町,瀬峰町,鶯沢町,志波姫町,花山村と合併し市制,栗原市となる。78.45km2。8391人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんなり【金成[町]】

宮城県北端,栗原郡の町。人口8750(1995)。三迫(さんはさま)川が一迫(いちはさま)川と合流する付近に位置し,北部は丘陵,南部は三迫川流域の低地となる。沢辺,金成,有壁には江戸時代,陸羽街道宿駅がおかれた。江戸前期に板倉堰が開削されて新田開発が進み,金成耕土として知られる良質米の産地となった。現在も産業の中心は米作だが,野菜やリンゴなども産する。旧有壁宿本陣はよく遺構が残され,史跡に指定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android