コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志波姫 しわひめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志波姫
しわひめ

宮城県北部,栗原市東部の旧町域。仙北平野の北部にある。北上川の支流一迫川 (いちはさまがわ) が三迫川 (さんはさまがわ) に合流する地点の南岸を占める。 1965年町制。 2005年築館町,若柳町,栗駒町,高清水町,一迫町,瀬峰町,鶯沢町,金成町,花山村と合体して栗原市となった。南部は伊豆沼に近い低湿地で水田地帯。米作が主産業で,畜産や養蜂,養鯉も行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志波姫
しわひめ

宮城県北部、栗原(くりはら)郡にあった旧町名(志波姫町(ちょう))。現在は栗原市の東部を占める地域。旧志波姫町は、1965年(昭和40)町制施行。2005年(平成17)築館(つきだて)、若柳(わかやなぎ)、栗駒(くりこま)、高清水(たかしみず)、一迫(いちはさま)、瀬峰(せみね)、鶯沢(うぐいすざわ)、金成(かんなり)の8町および花山(はなやま)村と合併して市制施行し、栗原市となった。一迫川右岸にある純農村。一迫川は地域の西部を北流し、二迫川、三迫川と合流して迫川となって東流する。古代の竪穴(たてあな)住居跡や中世の館跡もあるが、長く伊豆野原とよばれる湿地帯であった。1644年(正保1)に始まる伊豆野堰(せき)の開削で新田地帯となり、迫川沿いの刈敷(かりしき)には仙台藩の蔵場と蔵舟場があった。現在も地域の約3分の2が水田である。名称の由来となった式内社の志波姫神社があり、本殿は県の有形文化財に指定されている。1990年(平成2)東北新幹線くりこま高原駅が開業した。[長谷川典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

志波姫の関連キーワード宮城県栗原市志波姫八樟宮城県栗原市志波姫[町]瀬峰[町]遠藤 源六千葉卓三郎鶯沢[町]栗原(市)栗原[市]一迫[町]

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android