コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯沢 うぐいすざわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶯沢
うぐいすざわ

宮城県北部,栗原市中西部の旧町域。栗駒山の麓にある。 1951年町制。 2005年築館町,若柳町,栗駒町,高清水町,一迫町,瀬峰町,金成町,志波姫町,花山村と合体して栗原市となった。鉛,亜鉛の精錬設備の整った細倉鉱山を中心とした鉱山町であったが,同鉱山は 1987年閉山。鉱山跡地は細倉マインパークとなっている (→細倉 ) 。栗駒山麓の草地改良による乳牛,肉牛の飼育が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯沢
うぐいすざわ

宮城県北部、栗原(くりはら)郡にあった旧町名(鶯沢町(ちょう))。現在は栗原市の中西部を占める地域。旧鶯沢町は、1951年(昭和26)町制施行。2005年(平成17)築館(つきだて)、若柳(わかやなぎ)、栗駒(くりこま)、高清水(たかしみず)、一迫(いちはさま)、瀬峰(せみね)、金成(かんなり)、志波姫(しわひめ)の8町および花山(はなやま)村と合併して市制施行し、栗原市となった。西部は丘陵、東部には水田が広がり、細倉地区から流れる鉛川が二迫(にのはさま)川と合流し東へ流れる。JR東北本線石越(いしこし)駅から鶯沢町の細倉マインパーク前駅まで、くりはら田園鉄道が通じていたが、2007年に廃止となった。国道457号が東西に走る。室町時代には大崎氏の支配が及んでいた。細倉鉱山は天正(てんしょう)年間(1573~1592)より鉛を産出し、明治維新後鉱山の近代化が図られ、1890年(明治23)細倉鉱山会社が誕生した。その後、鉛需要の増減とともに盛衰を繰り返したが、1987年(昭和62)に閉山。1990年(平成2)から鉱山跡を細倉マインパークとして公開。精錬工場による鉛の産出は続いている。栗原市指定無形民俗文化財に鶯沢神楽(かぐら)、八ツ鹿(やつしか)踊りが伝わる。[後藤雄二]
『『鶯沢町史』(1978・鶯沢町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鶯沢の関連キーワード宮城県栗原市一迫[町]瀬峰[町]鶯沢[町]鶯沢〈町〉栗原(市)栗原[市]閃亜鉛鉱

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶯沢の関連情報