コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金門五山桐 キンモンゴサンノキリ

世界大百科事典 第2版の解説

きんもんごさんのきり【金門五山桐】

歌舞伎狂言。通称《楼門(さんもん)》。1778年(安永7)4月大坂小川吉太郎座(角の芝居)で初演。初世並木五瓶(当時五兵衛)作。1800年(寛政12)江戸で初演の際《楼門五山桐(さんもんごさんのきり)》と改題。今日では《楼門五三桐》の名題で上演されることが多い。戦国時代の盗賊石川五右衛門を主人公とし,豊臣秀吉の朝鮮出兵を背景として描く。五右衛門の正体を,真柴久吉(秀吉のこと)に滅ぼされた竹地(明智のこと)光秀に養育された惟任左馬五郎とし,その左馬五郎がさらに久吉に恨みをもつ大明の宋蘇卿(そうそけい)の子であったという,18世紀中葉の大坂で流行した謀反人劇仕立ての構想をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金門五山桐
きんもんごさんのきり

歌舞伎(かぶき)脚本。時代物。5幕。並木五瓶(ごへい)作。1778年(安永7)4月、大坂・角(かど)の芝居で初世嵐雛助(あらしひなすけ)らにより初演。大盗賊石川五右衛門(ごえもん)を脚色した代表的な歌舞伎作品。真柴久吉(ましばひさよし)(豊臣(とよとみ)秀吉)の養子久次(ひさつぐ)の臣此村大炊之助(このむらおおいのすけ)が実は明(みん)国人宋蘇卿(そうそけい)で、日本掌握の陰謀が破れて自滅したあと、遺児石川五右衛門が父の志を継いで久吉をねらう話であるが、近年は原作の二幕目返し「南禅寺山門」だけが独立、『楼門(さんもん)五三桐』の名題(なだい)でしばしば上演される。通称「山門」。南禅寺山門の楼上で景色に見とれていた五右衛門は、飛んできた白鷹(はくたか)のくわえた絹の血書から、自分を宋蘇卿の遺児と知る。五右衛門は眼下に現れた巡礼を父の敵(かたき)久吉の変装と見破り、手裏剣を打つが、久吉は軽く受け止めて別れる。十数分の短い場面であるが、五右衛門の「絶景かな絶景かな」の名台詞(せりふ)と、豪華な山門の大道具をセリ上げるスペクタクルで、様式美を結集した一幕。なお、近年の通し上演として3世市川猿之助の研究公演「春秋会」(1967)と、国立劇場の自主公演によるものがある。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金門五山桐の関連キーワード並木五瓶(初代)立版古趣向山門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android