コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣漁業 つりぎょぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

つりぎょぎょう【釣漁業】

釣りは,釣糸の先に釣針をしばり,餌または擬餌等を用いて,魚類をはじめとする水産動物をさそい,釣針にかけて漁獲をおこなう一つの漁法である。このような漁法を主軸にして漁業生産をおこない,生業(なりわい)の主要な部分をたてる暮しをする人々のいとなみを〈釣漁業〉という。釣漁業が有効なのは,魚が多く群れていても,その場所が岩礁付近で,網漁具を使用して魚を捕獲することが困難であり,釣りにたよらざるをえない場合とか,水深の深い場所に生息する魚種をめあてに捕獲しようとする場合である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

釣漁業の関連キーワード奈留[町]片山七兵衛由良[町]香住[町]能登(町)福岡(市)長洲[町]日高[町]許可漁業遠洋漁業対馬海峡南鳥島油谷湾白糠町アビ漁本漁師祝島清水

釣漁業の関連情報