コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧網本線 せんもうほんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釧網本線
せんもうほんせん

北海道東部,東釧路-網走間を通る鉄道。 JR北海道。全長 166.2km。 1931年全通沿線阿寒国立公園知床国立公園がある。摩周,川湯,和琴などの温泉群,屈斜路,摩周,阿寒の火山湖群,釧路の泥炭湿原オホーツク海にのぞむ原生花園など,沿線の自然に恵まれた観光路線。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんもう‐ほんせん〔センマウ‐〕【釧網本線】

東釧路(ひがしくしろ)から標茶(しべちゃ)を経て網走(あばしり)に至るJR線。昭和6年(1931)全通。全長166.2キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

釧網本線【せんもうほんせん】

北海道,東釧路〜網走間のJR線。営業キロ166.2km。釧路地方と網走地方を結ぶ道東の縦貫鉄道で,沿線には阿寒国立公園がある。当初札鶴(さっつる)(現在の札弦(さっつる))以南を釧網線,以北を網走本線として建設,1931年全通し,現名に統一。
→関連項目清里[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

釧網本線

JR北海道が運行する鉄道路線。北海道網走市の網走駅から釧路市の東釧路駅を結ぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せんもうほんせん【釧網本線】

JR 北海道の鉄道線。北海道東釧路・標茶しべちや・網走間、166.2キロメートル。釧路より道東を南北に縦走し、オホーツク海岸に至る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釧網本線
せんもうほんせん

北海道東部を走る北海道旅客鉄道の線路名称。東釧路(ひがしくしろ)―網走(あばしり)間166.2キロメートル、全線単線、非電化。釧路平野および釧路川流域より川湯付近で分水界を越え、オホーツク海側斜面の斜里(しゃり)川流域、斜里平野を経て網走に至る道東地方の南北縦断線であるが、幹線鉄道としての機能は低い。分水界付近に阿寒(あかん)国立公園があり、また弟子屈(てしかが)、川湯などの温泉が沿線にある。列車は東釧路から根室(ねむろ)本線に乗り入れて釧路に発着する。当初は釧路側を釧網線、網走側を網走本線の名称で、1924年(大正13)以降逐次開業したが、1931年(昭和6)川湯(現、川湯温泉)―札鶴(さっつる)(現、札弦(さっつる))間の開業で両線が連絡し、東釧路―網走間を釧網線とした。1936年釧網本線となった。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

釧網本線の関連キーワード北海道東方沖地震川湯[温泉]仁伏[温泉]北浜原生花園小清水[町]シラルトロ湖清里[町]標茶[町]弟子屈町網走市斜里町清里町釧路町標茶町南北

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釧網本線の関連情報