コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清里 きよさと

3件 の用語解説(清里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清里
きよさと

新潟県南西部,上越市南部の旧村域。高田平野東部から東頸城丘陵に広がる。 1955年菅原村と櫛池村が合体して清里村が成立。 2005年上越市に編入。古墳群が多く,上代には物部一族の繁栄した武士郷の一部であったとされる。西部の平野部は米作中心の地域。

清里
きよさと

山梨県北西部,八ヶ岳南東の緩傾斜地。北杜市に属する。標高 900~1500m。念場原 (ねんばがはら) と呼ばれる荒れ地であったが,1935年小海線が開通してから徐々に開発され,第2次世界大戦後は集団入植により高原酪農地が開けた。避暑地としても発展し,学校,公共団体の寮やペンションが多数設けられている。八ヶ岳をはじめ赤石山脈,富士山,奥秩父の山々などの眺望がよく,周辺に美し森などの観光地がある。八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清里の関連情報