コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清里 きよさと

3件 の用語解説(清里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

清里
きよさと

新潟県南西部,上越市南部の旧村域。高田平野東部から東頸城丘陵に広がる。 1955年菅原村と櫛池村が合体して清里村が成立。 2005年上越市に編入。古墳群が多く,上代には物部一族の繁栄した武士郷の一部であったとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

清里
きよさと

山梨県北西部,八ヶ岳南東の緩傾斜地。北杜市に属する。標高 900~1500m。念場原 (ねんばがはら) と呼ばれる荒れ地であったが,1935年小海線が開通してから徐々に開発され,第2次世界大戦後は集団入植により高原酪農地が開けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きよさと【清里】

山梨県北杜(ほくと)市の地名。八ヶ岳南東麓に広がる標高1000~1400メートルの高原。避暑地・観光地。高原野菜栽培と酪農が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清里の関連キーワード北杜八ヶ岳ジャーナルダイヤモンド八ヶ岳美術館ソサエティ山梨県北杜市明野町浅尾大泉〈村〉小淵沢〈町〉山梨県北杜市小淵沢町高根〈町〉山梨県北杜市高根町長澤長坂〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清里の関連情報