コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路平野 くしろへいや

7件 の用語解説(釧路平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釧路平野
くしろへいや

北海道東部,釧路川,阿寒川などの流域を占める沖積平野。東は根釧台地,西は白糠丘陵,北は鶴居丘陵で囲まれ,標高 50~200mの隆起した海食台地と泥炭低湿地から成り,海岸沿いに砂丘が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くしろ‐へいや【釧路平野】

北海道東部の平野。釧路川下流地帯に広がり、大半が泥炭地の原野。→釧路湿原

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

釧路平野【くしろへいや】

北海道南東部,阿寒川,釧路川などの下流の沖積平野。一部は火山灰におおわれた標高50mを越える隆起海食台からなる。泥炭地が多く,夏は海霧が発生し米作は不可能。昭和初期から有畜農業が行われている。
→関連項目釧路湿原国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くしろへいや【釧路平野】

北海道東部,釧路支庁の釧路町,鶴居村,標茶(しべちや)町,釧路市の1市3町村にまたがる沖積平野。南部の海岸砂丘地帯を除き,大部分が低湿な泥炭地(釧路湿原)からなっている。砂丘は海岸に沿ってほぼ東西に伸び,海岸から内陸にかけての幅1500mの間に約10列あって,その高さは最高で7~8m,大部分が5~6mの低いものである。釧路湿原は,中央から北部にかけては厚さ3~5mの泥炭で覆われているが,周辺では厚さは1m以下となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くしろへいや【釧路平野】

北海道東部、釧路川下流に広がる沖積平野。河口部には釧路市市街地が展開。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕釧路平野(くしろへいや)


北海道南東部、釧路川・阿寒(あかん)川の下流域に広がる沖積平野。釧路川東岸に根釧(こんせん)台地が続き、南は太平洋に面する。平野の大部分は釧路湿原とよばれる泥炭地・低湿地。標高10m以下の低地が広く、排水が悪い。太平洋岸に海岸砂丘が延び、東縁に塘路(とうろ)湖・シラルトロ沼・達古武(たつこぶ)沼の海跡湖がある。夏季は濃霧が発生し、低温。釧路湿原は国立公園に指定され、特別天然記念物タンチョウ(ツル)の繁殖地がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釧路平野
くしろへいや

北海道東部の釧路川、阿寒(あかん)川の下流に位置する沖積平野。面積約290平方キロメートル。太平洋岸に発達する標高5~8メートルの砂丘の北側に総面積の約80%を占める標高10メートル未満の低湿な泥炭地が広がり、釧路湿原とよばれる。2~4メートルの泥炭層の表面には、キタヨシ、スゲ、ハンノキなどの植物が生育する。平野面は北西から南東へ緩やかに傾斜し、東部に海跡湖の塘路(とうろ)湖、シラルトロ湖、達古武沼(たっこぶぬま)が点在する。海面との低落差に基づく排水困難、海霧による夏期の低温などの要因により、湿原開発は釧路市周辺部、湿原周縁部など一部に限られてきたが、1970年代から1990年代にかけて、農地、宅地、観光などの開発が活発になった。未開発湿原の保護を目的に、国の天然記念物指定(1967)、ラムサール条約への登録(1980)、釧路湿原国立公園の指定(1987、268.61平方キロメートル)が行われてきたが、指定区域外での開発の影響も指摘されている。特別天然記念物タンチョウが湿原地帯に営巣する。[古川史郎]
『『釧路湿原』(1990・釧路市) ▽『釧路湿原の自然観察』(1990・日本自然保護協会) ▽『釧路湿原―知られざる生き物たち』(1993・北海道新聞社) ▽本多勝一編『釧路湿原―日本環境の現在』(朝日文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釧路平野の関連キーワード釧路支庁北海道阿寒郡北海道釧路郡釧路町桂北海道釧路郡北海道釧路郡釧路町北海道釧路郡釧路町達古武北海道阿寒郡鶴居村北海道釧路郡釧路町緑北海道釧路郡釧路町ムサ北海道釧路郡釧路町睦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone