鈴ヶ森(読み)すずがもり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東京都品川区の第一京浜 (国道 15号線) 沿いにあった江戸時代刑場の1つ。慶安4 (1651) 年日本橋近くの本町にあった刑場を,北郊の千住小塚原南郊の鈴ヶ森に分けて設置天一坊八百屋お七,丸橋忠弥らが処刑された刑場として有名。国道沿いに刑場跡を示す遺跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

東京都品川区南大井付近の旧地名。慶安4年(1651)に江戸幕府が設けた刑場跡がある。
歌舞伎狂言「浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなずま)」の鈴ヶ森の場が独立したもの。白井権八と幡随院(ばんずいいん)長兵衛との鈴ヶ森での出会いが主題。
浄瑠璃「恋娘昔八丈(こいむすめむかしはちじょう)」の五段目の通称。夫を殺した城木屋お駒が鈴ヶ森で処刑される寸前に赦免されるくだり。
新内節「恋娘昔八丈」の一段。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

東京都品川区南大井2丁目付近にあった江戸時代の刑場。日本橋本町にあった刑場に代わって1651年新設,千住小塚原(こづかっぱら)の刑場と並び称せられた。ここで丸橋忠弥,八百屋お七などが処刑された。明治初年廃止。
→関連項目大井町
歌舞伎劇。初世桜田治助作,1803年初演の《幡随長兵衛精進俎板(ばんずいちょうべえしょうじんまないた)》の一場面が,のち4世鶴屋南北の《浮世柄比翼稲妻(うきよがらひよくのいなずま)》の中で書き改められ,独立して上演されるようになったもの。お尋ね者白井権八侠客(きょうかく)幡随長兵衛の出会いを様式的に描いた作で,長兵衛の〈お若えの,お待ちなせえ〉で始まる両者の名せりふで知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android