コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木光枝 すずき みつえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木光枝 すずき-みつえ

1918-2007 昭和-平成時代の女優。
大正7年7月29日生まれ。佐々木隆の妻。昭和7年「乳姉妹」で舞台デビュー。井上正夫演劇道場をへて17年劇団文化座を結成,19年「おりき」で注目された。以後「荷車の歌」などに出演,文化座のリーダーとして活躍。50年「三人の花嫁」では演出もした。平成19年5月22日死去。88歳。東京出身。東京市立第一高女中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木光枝の関連キーワード井上演劇道場荒木 玉枝佐々木 隆仰げば尊し井上 正夫鈴木 光枝白蛇抄

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木光枝の関連情報