コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木竹雄 すずきたけお

3件 の用語解説(鈴木竹雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木竹雄
すずきたけお

[生]1905.5.23. 神奈川
[没]1995.12.9. 東京
商法学者。 1928年東京大学卒業。 30年同大助教授,40年教授,57~59年法学部長。 66年の定年退官後は上智大学教授をつとめながら,企業法専門の弁護士として後進の指導にも力を注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木竹雄 すずき-たけお

1905-1995 昭和-平成時代の法学者。
明治38年5月23日生まれ。鈴木忠治の3男。昭和15年母校東京帝大の教授。41年上智大教授。商法の各分野の研究で業績をあげる。法制審議会商法部会長として商法大改正にたずさわり,監査制度の強化などに貢献した。平成元年文化勲章。学士院会員。平成7年12月9日死去。90歳。神奈川県出身。著作に「手形法・小切手法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木竹雄
すずきたけお
(1905―1995)

商法学者。神奈川県生まれ。味の素(株)創立者の1人、鈴木忠治の三男。1928年(昭和3)東京帝国大学法学部を卒業後、同校の助手として田中耕太郎のもとで商法を研究し、1930年に助教授、1940年に教授、1957年に東京大学法学部長となる。1966年定年退官後は上智大学教授。商法総論、会社法、有価証券法などに優れた業績を残した。弁護士として企業法実務の指導にもあたり、1957年法制審議会商法部会長、1959年証券取引審議会委員、また日本監査役協会会長など、政府の各種審議会委員と民間の各種団体役員を務め、戦後の商法、会社法の改正に指導的役割を果たした。1982年文化功労者、1989年(平成1)文化勲章を受章。平成7年12月9日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木竹雄の関連キーワード五十嵐清池原季雄鴻常夫金子宏兼子仁成田頼明大谷實花見忠鈴木茂嗣長尾龍一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone