コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木竹雄 すずきたけお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木竹雄
すずきたけお

[生]1905.5.23. 神奈川
[没]1995.12.9. 東京
商法学者。 1928年東京大学卒業。 30年同大助教授,40年教授,57~59年法学部長。 66年の定年退官後は上智大学教授をつとめながら,企業法専門の弁護士として後進の指導にも力を注ぐ。 76年学士院会員。第2次世界大戦後の改正会社法の体系を示した『会社法』『手形法小切手法』などの著作,多くの諮問・調査機関,各種団体での指導的役割などによって,戦後の商法改正および企業関係の立法作業において多大な貢献をした。自由主義に貫かれた学風を確立した。万国海法会副会長,ロー・エイシア会長を歴任,日仏会館副理事長としてフランスとの文化交流にも努めた。 82年文化功労者。 89年文化勲章受章

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木竹雄 すずき-たけお

1905-1995 昭和-平成時代の法学者。
明治38年5月23日生まれ。鈴木忠治の3男。昭和15年母校東京帝大の教授。41年上智大教授。商法の各分野の研究で業績をあげる。法制審議会商法部会長として商法大改正にたずさわり,監査制度の強化などに貢献した。平成元年文化勲章。学士院会員。平成7年12月9日死去。90歳。神奈川県出身。著作に「手形法・小切手法」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木竹雄
すずきたけお
(1905―1995)

商法学者。神奈川県生まれ。味の素(株)創立者の1人、鈴木忠治の三男。1928年(昭和3)東京帝国大学法学部を卒業後、同校の助手として田中耕太郎のもとで商法を研究し、1930年に助教授、1940年に教授、1957年に東京大学法学部長となる。1966年定年退官後は上智大学教授。商法総論、会社法、有価証券法などに優れた業績を残した。弁護士として企業法実務の指導にもあたり、1957年法制審議会商法部会長、1959年証券取引審議会委員、また日本監査役協会会長など、政府の各種審議会委員と民間の各種団体役員を務め、戦後の商法、会社法の改正に指導的役割を果たした。1982年文化功労者、1989年(平成1)文化勲章を受章。平成7年12月9日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鈴木竹雄の関連キーワード白地手形

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android