コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木竹雄 すずきたけお

3件 の用語解説(鈴木竹雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木竹雄
すずきたけお

[生]1905.5.23. 神奈川
[没]1995.12.9. 東京
商法学者。 1928年東京大学卒業。 30年同大助教授,40年教授,57~59年法学部長。 66年の定年退官後は上智大学教授をつとめながら,企業法専門の弁護士として後進の指導にも力を注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木竹雄 すずき-たけお

1905-1995 昭和-平成時代の法学者。
明治38年5月23日生まれ。鈴木忠治の3男。昭和15年母校東京帝大の教授。41年上智大教授。商法の各分野の研究で業績をあげる。法制審議会商法部会長として商法大改正にたずさわり,監査制度の強化などに貢献した。平成元年文化勲章。学士院会員。平成7年12月9日死去。90歳。神奈川県出身。著作に「手形法・小切手法」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木竹雄
すずきたけお
(1905―1995)

商法学者。神奈川県生まれ。味の素(株)創立者の1人、鈴木忠治の三男。1928年(昭和3)東京帝国大学法学部を卒業後、同校の助手として田中耕太郎のもとで商法を研究し、1930年に助教授、1940年に教授、1957年に東京大学法学部長となる。1966年定年退官後は上智大学教授。商法総論、会社法、有価証券法などに優れた業績を残した。弁護士として企業法実務の指導にもあたり、1957年法制審議会商法部会長、1959年証券取引審議会委員、また日本監査役協会会長など、政府の各種審議会委員と民間の各種団体役員を務め、戦後の商法、会社法の改正に指導的役割を果たした。1982年文化功労者、1989年(平成1)文化勲章を受章。平成7年12月9日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鈴木竹雄の関連キーワード竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府竹島問題クイーンイスクライラン立憲革命エラリー・クイーンシュリーフェン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone