コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄骨造建築 てっこつぞうけんちく

1件 の用語解説(鉄骨造建築の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

てっこつぞうけんちく【鉄骨造建築】

各種形鋼,鋼板,鋼管などの鋼材を,リベットボルト,溶接などの接合手段で組み立てて主要骨組みを構成した構造を鉄骨造steel framed constructionと呼び,鉄骨造による建築を鉄骨造建築という。
[歴史]
 人類が鉄を使い始めたのは前5000年ころからであるが,建築の主要構造部に鉄を用いるようになったのは18世紀の産業革命以降である。最初は劇場,倉庫,工場などの屋根架構材や柱などに鋳鉄や錬鉄が用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鉄骨造建築の関連キーワード形鋼鋼管リベットT形鋼皿リベットリベットハンマーS造鉄骨造三栄金属明鋼材

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone