コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄骨造建築 てっこつぞうけんちく

世界大百科事典 第2版の解説

てっこつぞうけんちく【鉄骨造建築】

各種形鋼,鋼板,鋼管などの鋼材を,リベット,ボルト,溶接などの接合手段で組み立てて主要骨組みを構成した構造を鉄骨造steel framed constructionと呼び,鉄骨造による建築を鉄骨造建築という。
[歴史]
 人類が鉄を使い始めたのは前5000年ころからであるが,建築の主要構造部に鉄を用いるようになったのは18世紀の産業革命以降である。最初は劇場,倉庫,工場などの屋根架構材や柱などに鋳鉄や錬鉄が用いられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

鉄骨造建築の関連キーワード建て方・建方エッフェル塔ハニカム梁防火構造

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android