鉱染鉱床(読み)こうせんこうしょう

  • disseminated deposit
  • こうせんこうしょう クヮウセンクヮウシャウ
  • 鉱染鉱床 disseminated ore deposit

百科事典マイペディアの解説

岩石中に特定鉱物散点して含まれ,しかも全体としてみると特定の鉱物が普通の岩石中よりもかなり濃集しているような鉱床。一般に鉱石品位は低いが大規模な鉱床を形成することがある。米国のユタ州ビンガムの斑岩銅鉱床,コロラド州クライマックスのモリブデン鉱床などはその例。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

岩石中のこまかい割れ目や空隙,あるいは鉱物の粒間を満たして有用な鉱物が生成している鉱床。マグマが地下の比較的浅いところまで上昇して固結する時に細かな割れ目を生じ,これに沿って鉱化流体が流動して有用な鉱物を沈殿するもの(例えば斑岩銅鉱床)や,石灰岩などのように溶解しやすい岩石と鉱化流体が反応して新しく生ずる岩石中に,有用な鉱物が反応の産物として散点して含まれるもの(例えば接触交代鉱床),また砂岩,レキ岩,凝灰岩などのように比較的多孔質堆積岩に鉱化流体が染みこんで有用な鉱物を沈殿させるもの(例えばコッパー・ベルト型銅鉱床)など,さまざまな成因の鉱床がこの形をとる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周囲の地層の層理、あるいは岩石の縞(しま)状構造と非調和な形態の鉱床のうち、板状(脈状)、筒状などのように規則性がなく、全体として不規則な形を示し、鉱石鉱物が微細な集合体をなして散点する鉱床。正マグマ性鉱床のうち、鉱石鉱物の量が副成分鉱物程度のものがこれに相当し、例としてダイヤモンド鉱床、一部のニッケル銅鉱床があげられる。熱水鉱床では、鉱液が岩石中の小さな割れ目あるいは孔隙(こうげき)を浸透し、鉱石鉱物が孔隙中に沈殿するか、造岩鉱物の一部を交代して生成される。斑岩(はんがん)銅鉱床は鉱染鉱床の代表的な例であり、そのほかに斑岩型モリブデン鉱床、斑岩型錫(すず)鉱床などの例がある。また、塊状鉱床、鉱脈鉱床の周縁部、網状(もうじょう)鉱床の一部に鉱染状の鉱石を産することがある。鉱染鉱床は一般に鉱石品位が低いので、経済的に採掘するには鉱床が大型である必要がある。

[鞠子 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 鉱化ガスや鉱液の浸透作用によって、岩石の割れ目や岩石全体に、微小な鉱石や脈石が不規則に沈殿してできた鉱床。アメリカ合衆国ユタ州の斑岩銅鉱床など。日本では火山作用による硫黄や黄鉄鉱の鉱染鉱床が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android