コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱染鉱床 こうせんこうしょう

3件 の用語解説(鉱染鉱床の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鉱染鉱床【こうせんこうしょう】

岩石中に特定の鉱物が散点して含まれ,しかも全体としてみると特定の鉱物が普通の岩石中よりもかなり濃集しているような鉱床。一般に鉱石品位は低いが大規模な鉱床を形成することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうせんこうしょう【鉱染鉱床 disseminated ore deposit】

岩石中のこまかい割れ目や空隙,あるいは鉱物の粒間を満たして有用な鉱物が生成している鉱床。マグマが地下の比較的浅いところまで上昇して固結する時に細かな割れ目を生じ,これに沿って鉱化流体が流動して有用な鉱物を沈殿するもの(例えば斑岩銅鉱床)や,石灰岩などのように溶解しやすい岩石と鉱化流体が反応して新しく生ずる岩石中に,有用な鉱物が反応の産物として散点して含まれるもの(例えば接触交代鉱床),また砂岩,レキ岩,凝灰岩などのように比較的多孔質の堆積岩に鉱化流体が染みこんで有用な鉱物を沈殿させるもの(例えばコッパー・ベルト型銅鉱床)など,さまざまな成因の鉱床がこの形をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉱染鉱床
こうせんこうしょう
disseminated deposit

周囲の地層の層理、あるいは岩石の縞(しま)状構造と非調和な形態の鉱床のうち、板状(脈状)、筒状などのように規則性がなく、全体として不規則な形を示し、鉱石鉱物が微細な集合体をなして散点する鉱床。正マグマ性鉱床のうち、鉱石鉱物の量が副成分鉱物程度のものがこれに相当し、例としてダイヤモンド鉱床、一部のニッケル銅鉱床があげられる。熱水鉱床では、鉱液が岩石中の小さな割れ目あるいは孔隙(こうげき)を浸透し、鉱石鉱物が孔隙中に沈殿するか、造岩鉱物の一部を交代して生成される。斑岩(はんがん)銅鉱床は鉱染鉱床の代表的な例であり、そのほかに斑岩型モリブデン鉱床、斑岩型錫(すず)鉱床などの例がある。また、塊状鉱床、鉱脈鉱床の周縁部、網状(もうじょう)鉱床の一部に鉱染状の鉱石を産することがある。鉱染鉱床は一般に鉱石品位が低いので、経済的に採掘するには鉱床が大型である必要がある。[鞠子 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉱染鉱床の関連キーワード鉱脈帯水層事細かい細かしい霜割れ罅割れ充填鉱床割れ目白雲化作用アーチーの法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone