コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭学森 せんがくしんQian Xue-sen

5件 の用語解説(銭学森の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銭学森
せんがくしん
Qian Xue-sen

[生]1911.12.11. 浙江,杭州
[没]2009.10.31. 北京
中国のロケット科学者。中国の「ミサイル宇宙開発の父」として知られた。上海交通大学を卒業し,1935年アメリカ合衆国に留学,マサチューセッツ工科大学で修士,カリフォルニア工科大学で博士の学位を取得,1947~49年両大学の教授を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐がくしん【銭学森】

[1911~2009]中国の科学者。浙江(せっこう)省杭州(こうしゅう)の人。カリフォルニア工科大学に留学し、ロケット工学の博士号を取得。のちに同大教授となる。帰国後は中国科学院力学研究所長などを歴任、人工衛星・ロケット・ミサイルの開発を指導した。チエン=シュエセン。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

銭学森【せんがくしん】

中国の科学者。専門は航空力学。浙江省杭州の人。1929年,交通大学(西安交通大学と上海交通大学の前身)を卒業。マサチューセッツ工科大学に留学。カリフォルニア工科大学で学位取得。
→関連項目上海交通大学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せんがくしん【銭学森】

1911~ ) 中国の物理学者。カリフォルニア工科大でロケット工学の博士号を取得、同大教授。1955年帰国し、中国のロケット・ミサイル開発を指導。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭学森
せんがくしん / チエンシュエセン
(1912―2009)

中国の航空工学の専門家。江蘇(こうそ)省無錫(むしゃく)生まれ(生年、生地には諸説あり)。1934年上海(シャンハイ)交通大学卒業後、1935年アメリカに渡り、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学で航空力学を専攻。1943年カリフォルニア工科大学講師、1945年准教授、1946年教授。第二次世界大戦中はアメリカで国防省に勤務し、ドイツのV2ロケットの接収にもかかわった。1948年母校である上海交通大学の学長職をいったん提示されたが、若すぎるという理由で見送られた。ふたたびアメリカに戻り、カリフォルニア工科大学グッゲンハイムジェット推進研究センター教授に任命された。1950年に新中国建設のために帰国を試みるが、重要資料持ち出しを口実に逮捕されて15日間拘留され、以後もFBIの監視下に置かれた。1955年にジュネーブの米中送還協定で帰国を許され、革命後の中国に帰り、翌1956年新設された中国科学院力学研究所所長に就任した。1958年共産党入党、1960年の核ミサイル実験、1970年の人工衛星打上げなど中国におけるロケット開発を指導した。中国力学学会理事長、中国自動化学会会長にもなり、文化大革命中も彼の担当する部門は平穏であったという。1968年国防科学委員会副主任、1969年第9回全国人民代表大会主席団員、1984年国防科学技術工業委員会副主任、1986年中国科学技術協会主席、1988年全国政協副主席、1989年国際理工学研究所名誉所員、1991年中国科学技術協会名誉主席などを歴任、科学面・政治面で重要な役割を果たしている。なお、ハンガリー生まれの著名な数理物理学者セオドール・フォン・カルマンと共同で提案した、空気力学における遷音速流(音速に近い空気の流れ)の「カルマン‐チエンkarman-Tsienの近似理論」でも有名である。この理論は音速に近い速度で飛ぶ飛行機の翼の性能を計算するのに用いられている。[栗原智郎・松田卓也]
『銭学森他著、山田慶児訳『世界の思想14 技術科学論』(1967・法律文化社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

銭学森の関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバル辛亥(しんがい)革命武昌起義ベンガジ本多光太郎アストン桂文治(6代)ケルナー

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone