コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎮将 ちんしょう zhen-jiang; chên-chiang

2件 の用語解説(鎮将の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎮将
ちんしょう
zhen-jiang; chên-chiang

中国,北魏のとき,州,郡に駐屯する軍団を鎮と呼び,その長を鎮将といった。隋,唐もこれを受け,おもに辺境防衛拠点の長を鎮将と称した。唐末,五代になると,節度使が管内の要地に腹心の者を鎮将として派遣し,以後鎮将は軍政だけでなく,警察,裁判あるいは徴税事務などの民政をも取扱うようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鎮将
ちんしょう

中国、唐末から五代にかけ、節度使(せつどし)が自己の腹心や地方の土豪を、管内の州、県城や関津(かんしん)険要(関所、船着き場、経済上の要地、要害の地など)に配置した軍将。管内の鎮や郷村の盗賊を捕らえ、訴訟をつかさどり、また関津の商税や酒税をも徴収させていた。鎮将は当時、鎮遏(ちんあつ)使、鎮使などとよばれ、中央から派遣された刺史(しし)、県令を監視して失職状態にさせ、節度使の勢力拡大に大きな役割を果たしていた。[伊藤宏明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鎮将の言及

【知事】より

…五代の府州の長官は節度使,防禦使,団練使,刺史のいずれかで,すべて武臣で占められていた。県令は文官であったが,県内に多くの鎮が置かれ,武人の鎮将が鎮内の徴税,軍事警察,獄訟等の実権を握って府州に直属し,県令はまったく無力であった。そこで宋朝は武人の政治組織を打破すべく,文官の県尉に捕盗警察の権をゆだね,鎮将を廃止し,中央政府の官職の肩書を持つ官僚(京朝官,高等官をいう)を派遣して知県事に任じ,県政の振興をはかり,またしだいに節度使以下の武人に替えて京朝官を遣わし,知州事,知府事に任じ,武人の州長は辺境の要地に残されるだけとなった。…

※「鎮将」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鎮将の関連キーワード寇謙之テマ移駐衛戍屯する道武帝駐屯地大天使ミカエル軍団ベンガル軍団ポルトガル軍団

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone