長与[町](読み)ながよ

百科事典マイペディアの解説

長与[町]【ながよ】

長崎県南部,西彼杵(にしそのぎ)郡の町。北は大村湾,南は長崎市に接し,長崎本線が通じる。柑橘(かんきつ)類を産し,住宅地化が著しい。道ノ尾温泉があり,琴ノ尾岳(451m)は大村湾の好展望地。28.73km2。4万2535人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながよ【長与[町]】

長崎県中東部,西彼杵(にしそのぎ)郡の町。人口3万5377(1995)。北は大村湾に面し,三方を丘陵地に囲まれ,中央を長与川が北流する。長崎本線,国道207号線が通じる。主産業は200年の歴史をもつミカン栽培で,近年では極早生への改植品種改良がさかん,ビワなどの導入も推進している。南に接する長崎市のベッドタウンとして都市化が進み,人口の流入が激しい。琴ノ尾岳(451m)頂上からは大村湾,雲仙岳眺望がすばらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android