コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎警衛 ながさきけいえい

1件 の用語解説(長崎警衛の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきけいえい【長崎警衛】

江戸時代に長崎の警備のため近隣諸藩に課された幕府軍役。一般には1641‐1864年(寛永18‐元治1)に長崎港口の西泊,戸町の沖両番所を1年交代で受け持った福岡藩,佐賀藩の警備をいう。長崎奉行はおおむね2000~3000石以下の旗本で,家臣団を含め外事案件に対処できる軍事力は持たなかったので,1614年(慶長19)の市内の教会破壊に際しては肥前5藩の兵員を徴し,その後も停泊中の南蛮船の警備やキリシタンなど外事犯の拘禁,島原の乱時の市中警固は隣接の大村藩が担当した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長崎警衛の関連キーワード蔵米御用金警備保障紺屋役酒屋役板木分一本役見廻組五島盛次

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone