(読み)ひつ

精選版 日本国語大辞典「櫃」の解説

ひつ【櫃】

〘名〙 上に向かってふたのあく大形の箱。長櫃(ながびつ)折櫃(おりびつ)唐櫃(からびつ)、小櫃(こびつ)など。また、を入れる木製の器。飯櫃(めしびつ)。おひつ。
書紀(720)大化元年八月(北野本訓)「鍾(かね)(ヒツ)を朝(みかと)に設けて詔して曰く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「櫃」の解説

ひつ【×櫃】

ふたが上方に開く大形の箱。唐櫃からびつ長櫃ながびつなど。
飯を入れる器。→おひつ
[類語]茶碗片口ボウル茶托ソーサーコースター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android