門真(市)(読み)かどま

  • 門真

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪府中東部、大阪市の北にある市。1963年(昭和38)市制施行。市域は淀(よど)川左岸や旧大和(やまと)川の沖積平野上の標高2メートル程度の低湿地(一種の輪中(わじゅう))にあり、その中に3~4メートルの自然堤防からなる微高地が線状に続いている。市域の北部を京阪電鉄本線が走り、大阪市の中心と約20分で結ばれている。国道163号(清滝(きよたき)街道)、近畿自動車道も走る。1997年(平成9)には大阪高速鉄道(大阪モノレール線)と大阪市営地下鉄(現、大阪市高速電気軌道)長堀鶴見緑地線(ながほりつるみりょくちせん)が市域まで延長した。『古事記』の仁徳(にんとく)天皇の条にある茨田堤(まんだのつつみ)は、河内(かわち)の低地を洪水から守り耕地を確保するためのもので、堤根(つつみね)神社の裏手にその名残(なごり)がみられる。長い間一毛作であった低湿地に、大正初期から蓮根(れんこん)栽培が始まったが、最近は都市化の影響でほとんどみられなくなった。日本最大の弱電気工業の町となったのは、1933年(昭和8)松下電器産業(現、パナソニック)が設立されてからである。三島神社の薫蓋クス(くんがいくす)は目通し幹周り12.5メートル、樹齢1000年といわれ、国の天然記念物に指定されている。面積12.30平方キロメートル、人口12万3576(2015)。

[安井 司]

『『門真市史』全6巻・別巻1(1988~2006・門真市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android