コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門籍 モンゼキ

世界大百科事典 第2版の解説

もんじゃく【門籍】

古代の律令制で,宮城諸門の出入りを許された者の名簿。養老宮衛令によると,宮門(中門),閤門(内門)を出入りする官人は,所属の官司から中務省に申請して承認を受け,中務省はその名簿を衛府に送る。官人は一定の門からのみ出入りし,その門には官人の官位姓名を記した門籍があって,宮門では衛門府,閤門では兵衛府がそれを点検する。門籍は毎月1日と16日とに更新され,犯罪等により入内を禁じられた場合,一時的に門籍を封じることもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

門籍の関連キーワード承明門

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android