門籍(読み)モンゼキ

世界大百科事典 第2版の解説

もんじゃく【門籍】

古代の律令制で,宮城諸門の出入りを許された者の名簿。養老宮衛令によると,宮門(中門),閤門(内門)を出入りする官人は,所属の官司から中務省に申請して承認を受け,中務省はその名簿を衛府に送る。官人は一定の門からのみ出入りし,その門には官人の官位姓名を記した門籍があって,宮門では衛門府,閤門では兵衛府がそれを点検する。門籍は毎月1日と16日とに更新され,犯罪等により入内を禁じられた場合,一時的に門籍を封じることもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もん‐ぜき【門籍】

〘名〙 内裏の宮門および閤門(こうもん)に置かれた、その門を通用門とすることをあらかじめ届け出た官人の官位・姓名を記した名簿。官人は原則としてその名簿のある門からだけ出入することができた。
(718)逸文・衛禁「諸応宮殿、未門籍而入」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android