コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防穀令 ぼうこくれい

大辞林 第三版の解説

ぼうこくれい【防穀令】

1889年(明治22)朝鮮咸鏡道(翌年黄海道)に発布された穀物輸出禁止令。凶作予防措置であったが、日本人貿易商が打撃を受けたとして、日本政府はその撤回と賠償を要求。翌年防穀令を解除し、四年後朝鮮政府は賠償を支払った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

防穀令【ぼうこくれい】

1889年,朝鮮凶作を理由に実施された穀物輸出禁止令。日本人穀物商による米や大豆の買い占めと,その年の不作により朝鮮の農村食糧危機に陥ったが,日本商人が大打撃を受けたとして日本側は賠償を求めて強硬に抗議した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の防穀令の言及

【防穀令事件】より

…開港(1880)以来,元山では日本商人による大豆輸出が盛んであったが,咸鏡道観察使趙秉式(ちようへいしき)は同年10月,凶作による食糧難を理由に穀物の道外への搬出を禁止した。防穀令は伝統的な救荒政策の一つで,条約上も認められていたが,日本側が強硬に抗議したため紛糾し,朝鮮政府は同令を解除させたうえ趙を懲戒,更迭して解決を図った。しかし,商人たちは日本政府を動かし,91年12月朝鮮政府に対して14万円余の損害賠償の請求を行った。…

※「防穀令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

防穀令の関連キーワード防穀令事件大石 正巳大石正己大石正巳撤回

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android