コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防縮加工 ぼうしゅくかこうshrink resistant finish

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防縮加工
ぼうしゅくかこう
shrink resistant finish

織物などの収縮を防止するための加工。収縮は洗濯以外にも風雨,湿気,汗,日光,アイロン掛けなどの際の化学的物理的作用においても生じるので,これを防止する必要がある。織物に熱と湿気を与えてあらかじめ機械的,積極的に緩和収縮を行わせる方法,ナイロンやポリエステルなどの熱可塑性をもつ合成繊維熱処理を施す方法,セルロース系繊維に樹脂加工剤やセルロースと反応する物質を加えて防縮性を加える方法などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうしゅく‐かこう〔バウシユク‐〕【防縮加工】

織物などが洗濯などで縮むのを防ぐための加工。樹脂加工やサンフォライズ加工などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

防縮加工【ぼうしゅくかこう】

被服などの使用中の収縮を防ぐ加工。織物は製織中に受けた張力応力として潜在し,洗濯などでそれが緩和されると収縮する。これを防ぐため,綿織物などではあらかじめ収縮させておく方法がとられ,サンフォライズ加工はその代表的なものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうしゅくかこう【防縮加工 shrink proofing】

洗濯やドライクリーニング時の布の収縮を防止する加工。繊維の種類により収縮の機構が異なり,その対策も異なる。レーヨンの場合には,樹脂加工を行って耐水性を向上させることにより防縮効果が得られる。綿の場合にも樹脂加工により防縮効果が得られるが,さらに,サンホライズ加工などの圧縮収縮仕上げにより,染色工程などで生じた布の経(たて)方向の残留ひずみが洗濯水中で元の長さに戻ろうとする緩和収縮を防止する。この仕上げ法は,布の経方向を残留ひずみに相当する分だけあらかじめ機械的に強制的に縮めておく方法である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうしゅくかこう【防縮加工】

織物が洗濯や熱で縮むのをふせぐための加工。物理的・化学的の二法がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

防縮加工
ぼうしゅくかこう

織物などを洗濯などで縮まないようにする加工。この方法には、機械的に行う方法と、樹脂加工によるものとがある。機械的に防縮加工をする「サンフォライズ」加工Sanforizingは、アメリカの発明者の名にちなんでつけられた商標で、工程は、布をブランケットの間に通過させ、蒸気によってセットする。この加工を施したものは、洗濯による収縮率が経緯(たてよこ)とも1%以下になるので、とくにワイシャツ地用のブロードなど高級織物に施される。樹脂加工によるものは、樹脂を繊維内部に浸透させ、乾燥ののち、熱空気中で高温処理し、縮合反応により繊維素分子間に樹脂を形成させる。すると分子間に架橋効果を与え繊維素分子の結合状態が緊密となり、防縮効果があがることになるわけである。ただ引裂強さが低下し、生地(きじ)を弱めることがある。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

防縮加工の関連キーワード尿素樹脂毛織物被服和裁縮充

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android