コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雀岐荘 ささきのしょう

2件 の用語解説(雀岐荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

雀岐荘【ささきのしょう】

但馬国出石(いずし)郡にあった荘園。現在の兵庫県但東町(現・豊岡市)の南西部,出石川とその支流佐々木川・河本川の流域が荘域。京都六勝寺の一つの法勝寺領。治承年間(1177年−1181年)に早部(日下部)貞景が公文職に補任され,1197年の《但馬国御家人交名》に当地を苗字の地とする雀岐新大夫助景の名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ささきのしょう【雀岐荘】

但馬国出石(いずし)郡(現,兵庫県但東町)の荘園。1285年(弘安8)の《但馬国大田文》によると,法勝寺領で田数72町9反余の大きさである。法勝寺領といってもこれは白河天皇の建立であるから,要するに皇室領である。領家は尾張三位家とあるが,これは幕府と関係の深かった坊門三位清基であろう。当時雀岐荘は下地中分されており,東方領家方37町5反余と西方地頭方36町4反余となっている。地頭は大田如道で,但馬守護大田政頼の一族であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雀岐荘の関連キーワード出石豊岡出石神社出石焼伊豆志袁登売神泉屋治郎兵衛伊豆屋弥左衛門倉谷渓司松田治三郎楽々鶴

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone