コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

但東 たんとう

2件 の用語解説(但東の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

但東
たんとう

兵庫県北部,豊岡市南東部の旧町域。円山川の支流出石川上流域にあり,北,東,南の三方は京都府に接する。 1956年高橋村,資母村,合橋村の3村が合体して町制。 2005年豊岡市,城崎町,竹野町,日高町,出石町の1市4町と合体して豊岡市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

但東
たんとう

兵庫県北東部、出石(いずし)郡にあった旧町名(但東町(ちょう))。現在は豊岡(とよおか)市の東端部を占める一地区。但馬(たじま)国の東端に位置する。旧但東町は1956年(昭和31)合橋(あいはし)、高橋、資母(しも)の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)豊岡市に合併。国道426号、482号が通じる。周囲を500~800メートル級の山に囲まれ、旧町域の大部分は山地である。山地に発する小河川が出石川となり、やがて円山(まるやま)川へ合流する。小河川の谷底に集落が立地する。産業は京都西陣系統を引く但馬縮緬(ちりめん)、和牛飼育などがあり、米の裏作に栽培されたチューリップは県の主産地となり、球根の輸出も多い。そのほか、ピーマン、ウドを産する。[二木敏篤]
『『但東町史』(1976・但東町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

但東の関連情報