コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集光レンズ しゅうこうレンズ condenser

翻訳|condenser

3件 の用語解説(集光レンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集光レンズ
しゅうこうレンズ
condenser

レンズの一種。単独または複合の凸レンズで,入射光線を収束するレンズ。分散 (拡散) レンズに対して一般にはコンデンサと呼び,光源から発する光を集めて投光する映写機引伸し機スポットライトなどに用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅうこう‐レンズ〔シフクワウ‐〕【集光レンズ】

光学器械で、光を1か所または一方向に集めるためのレンズ、またはレンズ系。映写機・投光器などに用いられる。コンデンサーレンズ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集光レンズ
しゅうこうれんず

光を望む方向または場所に集中させることを目的とするレンズ、またはレンズ系。像を結ぶことを目的としないので、高級レンズのような厳密さを要求されない。いちばんよく知られているのは、点光源を凸レンズの焦点に置いて、平行光線を望む方向に送るコリメーターとよばれる装置に用いられる場合である。そのほか平行光線や発散光線をレンズを使って、その焦点または像点に集める場合もある。
 顕微鏡において試料を強く照らしたり、対物レンズの倍率や分解能を発揮させるのに必要な開口数の照明光を得るために、ステージの下にコンデンサーとよばれる集光レンズが取り付けられている。スライドプロジェクターや引伸し機では、投影する画像を明るく照らすため、光源と画像との間に集光レンズを用いる。レンズのかわりに反射鏡を使う場合もあり、これは集光鏡といわれる。[三宅和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集光レンズの関連キーワード接眼レンズ凸レンズ平凸レンズ両凸レンズレンズ豆視野レンズ収束レンズ対眼レンズレトロフォーカスレンズレンズの子ら

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

集光レンズの関連情報