コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集光レンズ しゅうこうレンズcondenser

翻訳|condenser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集光レンズ
しゅうこうレンズ
condenser

レンズの一種。単独または複合の凸レンズで,入射光線を収束するレンズ。分散 (拡散) レンズに対して一般にはコンデンサと呼び,光源から発する光を集めて投光する映写機引伸し機スポットライトなどに用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうこう‐レンズ〔シフクワウ‐〕【集光レンズ】

光学器械で、光を1か所または一方向に集めるためのレンズ、またはレンズ系。映写機・投光器などに用いられる。コンデンサーレンズ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

集光レンズ
しゅうこうれんず

光を望む方向または場所に集中させることを目的とするレンズ、またはレンズ系。像を結ぶことを目的としないので、高級レンズのような厳密さを要求されない。いちばんよく知られているのは、点光源を凸レンズの焦点に置いて、平行光線を望む方向に送るコリメーターとよばれる装置に用いられる場合である。そのほか平行光線や発散光線をレンズを使って、その焦点または像点に集める場合もある。
 顕微鏡において試料を強く照らしたり、対物レンズの倍率や分解能を発揮させるのに必要な開口数の照明光を得るために、ステージの下にコンデンサーとよばれる集光レンズが取り付けられている。スライドプロジェクターや引伸し機では、投影する画像を明るく照らすため、光源と画像との間に集光レンズを用いる。レンズのかわりに反射鏡を使う場合もあり、これは集光鏡といわれる。[三宅和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

集光レンズの関連キーワードオフサルモメーターシュリーレン法スライド映写機フレネルレンズコンデンサー位相差顕微鏡コノスコープ光学器械顕微鏡引伸し集光器酸素

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集光レンズの関連情報