コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌黄 しおう

3件 の用語解説(雌黄の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

しおう【雌黄】

色名の一つ。藤黄とうおうともいう。黄色顔料の雌黄を用いた色のこと。ややみがかった黄色。原料は東南アジアオトギリソウ科の植物から採取する黄色樹脂。日本画の絵の具にも用いられた。古くは中国で詩などの添削を行うときに雌黄を用いたことから、添削や批評することを「雌黄を加える」といった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐おう〔‐ワウ〕【雌黄】

石黄(せきおう)」に同じ。
タイ・ベトナムなどに産するオトギリソウ科植物からとった黄色の樹脂。黄色絵の具として日本画などで用いられる。草雌黄。藤黄(とうおう)。ガンボージ
(昔中国で、文字の抹消に1を用いたところから)詩文を改竄(かいざん)したり、添削したりすること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しおう【雌黄】

石黄せきおう 」に同じ。
〔古く中国で、を塗って文章の誤りを正したことから〕 詩文を改竄かいざんしたり、添削したりすること。
「ガンボージ」「ガンボージの木」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雌黄の言及

【雄黄】より

…化学成分As2S3の鉱物。雄黄という和名は,本来鶏冠石の別称であり,orpimentに対しては,雌黄(しおう)または石黄(せきおう)の名称を使用するのが望ましいとされている。レモン黄色透明で,脂肪光沢,へき開面は真珠光沢をもつ。…

※「雌黄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雌黄の関連キーワード石黄秋空助語踪跡法席余程橄欖石黄長岩亀翁都水園石翁臨史軒関雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone