コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青函トンネル せいかんトンネル

7件 の用語解説(青函トンネルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青函トンネル
せいかんトンネル

本州と北海道を結ぶ海底トンネル。 1954年津軽海峡連絡隧道技術調査委員会が発足,諸調査の結果,湧水や軟弱部に遭遇する困難はあるが,トンネル掘削は可能と結論。これを引継ぎ,日本鉄道建設公団青函建設局で 64年から調査坑の掘削に着手し,71年に調査を終了,本州側の青森県東津軽郡今別町浜名と北海道側の上磯郡知内町湯里間を結ぶ全長 53.85km (海底部 23.3km) の本トンネルは,71年 11月 14日 (北海道側) ,15日 (本州側) 起工式が行われ,本格的な掘削が進められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

青函トンネル

全長53.85キロ。2010年にスイス・アルプスを縦断する全長約57キロの鉄道山岳トンネルが貫通し、世界最長の座は譲ったが、海底トンネルとしては世界最長。 1946年に地質調査が開始。54年9月、旧国鉄の青函連絡船5隻が暴風雨に見舞われ転覆、1430人が犠牲となった洞爺丸事故を機に実現に向けて大きく動き出した。掘削は64年、北海道側で始まり、2年後に本州側も掘削を開始。87年に完成し、翌88年3月、青函連絡船に代わってJR津軽海峡線が開通した。函館と新青森を結ぶ特急は約30分でトンネルを走り抜ける

(2015-05-02 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいかん‐トンネル【青函トンネル】

本州と北海道を結ぶ世界最長の鉄道トンネル。JR津軽海峡線の主要部で、青森県東津軽郡今別町から竜飛(たっぴ)崎津軽海峡の海底部分23.3キロを通り、松前半島の上磯郡知内町湯の里に至る。全長53.85キロ。昭和60年(1985)貫通、昭和63年(1988)開業。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青函トンネル【せいかんトンネル】

本州と北海道を結ぶ鉄道海底トンネル。経路は津軽半島の青森県今別町〜松前半島の北海道知内(しりうち)町間,延長53.85km,うち海底部分が23.3km,内径9.6mで新幹線複線用(現在は在来線との共用)に作られている。
→関連項目青森[県]青森[市]青函連絡船瀬戸大橋大清水トンネル竜飛海底[駅]竜飛崎津軽海峡鉄道連絡船福島[町]北海道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいかんトンネル【青函トンネル】

本州と北海道の間に建設された鉄道トンネル。津軽海峡下の海底部延長23.3kmを含み,全長53.85km,完成すれば世界最長のトンネルとなる。構想は戦前からあったが,実際に調査が始められたのは1946年で,下北半島側を通る東ルートと津軽半島から松前半島に至る西側ルートのうち,火山帯を避けた西ルート案によって53年に〈鉄道敷設法〉の予定線に採択された。54年の洞爺丸事件(台風による青函連絡船洞爺丸の沈没)により計画が促進され,61年調査線に昇格,ボーリング物理探査,深海観測などの調査を重ね,71年工事線に編入されて以来,本格的なトンネル工事が進められてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいかんトンネル【青函トンネル】

本州と北海道とを結ぶ世界最長の鉄道トンネル。青森県今別町浜名と北海道知内町湯の里間、約54キロメートル(うち海底部分約23キロメートル)。1985年(昭和60)貫通。88年海峡線が開業。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青函トンネル
せいかんとんねる

本州と北海道を隔てる津軽海峡の海底を貫く延長5万3850メートルの海底鉄道トンネル。本州側トンネル坑口は青森県東津軽郡今別(いまべつ)町浜名、北海道側坑口は北海道上磯(かみいそ)郡知内(しりうち)町湯ノ里にあり、トンネル勾配(こうばい)は1000分の12のすり鉢型で、海底部の延長は2万3300メートル。青函トンネルの地質調査は、1946年(昭和21)開始されたが途中中断され、1954年の青函鉄道連絡船洞爺(とうや)丸遭難事故を契機として青函トンネル建設の要望が高まり、技術調査が本格的に実施された。1964年、日本鉄道建設公団(現鉄道建設・運輸施設整備支援機構)により北海道側調査斜坑掘進が始まり、1971年には、北海道側、本州側ともにトンネル本工事が着工された。工事中には毎分70トンの湧水(ゆうすい)に遭遇するなど難工事の連続であったが、1985年3月10日に最終貫通をみた。1988年3月鉄道開通。上越新幹線大清水トンネル(延長2万2221メートル)を抜いて、世界最長鉄道トンネルとなる。水深140メートルの海底下100メートルの深さに掘進されたため、岩盤の止水薬液注入、長尺水平ボーリング技術が駆使されており、青函トンネルを貫通させた土木技術力は世界各国から高く評価されている。[藤井 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青函トンネルの言及

【水底トンネル】より

…したがって,工事中の湧水を防ぐことがもっともたいせつで,地質が軟弱な場合にはとくに留意することが必要となる。水底トンネルは青函トンネルのような海底トンネルを除けば,大多数は河口近くの大都市に作られ,地質も軟弱な場所が多い。
[施工方法]
 水底トンネルの施工法には山岳トンネルを掘削するのと同様な普通工法と,開削埋戻し工法,空気ケーソン工法,圧気シールド工法,沈埋工法などの軟弱地盤にも適する特殊な工法とがある。…

【北海道】より

…道内空路は札幌(千歳,丘珠(おかだま))と函館,釧路,中標津(なかしべつ),稚内(わっかない)などが結ばれる。 第2次大戦後の開発で特に注目されたものに苫小牧工業港の造成と青函トンネルの建設があった。1963年に開港した苫小牧港は日本最初の掘込み式港湾で,京浜地方などと北海道中核部とを結ぶ近道をつくり,新工業地帯の形成により北海道の工業化を促進しようとするもので,70年代にはさらに新コンビナート形成を目指す苫小牧東部大規模開発事業も着手された。…

※「青函トンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青函トンネルの関連キーワード関門トンネル清水トンネル沈埋トンネルブラキストン線新丹那トンネル雪避けトンネル新関門トンネルザンクト・ゴットハルト・トンネル山岳トンネル鉄道トンネル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青函トンネルの関連情報