コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松前半島 まつまえはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松前半島
まつまえはんとう

北海道南西部,渡島半島の南西端を占める半島。西は日本海,東は津軽海峡にのぞみ,大千軒 (だいせんげん) 岳 (1072m) を主峰に 1000m前後の山地が連なる。かつてはニシン漁で栄えたが,現在は沿岸のイカ釣りが主産業。海岸は海食崖などの風景美に恵まれ,一部が松前矢越道立自然公園に指定。開発の歴史が古く,松前城 (福山城) などの史跡にも富む。南端福島町には青函トンネル北海道側出入口がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まつまえ‐はんとう〔まつまへハンタウ〕【松前半島】

北海道、渡島(おしま)半島の南西部をなす半島。津軽海峡と日本海に面する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まつまえはんとう【松前半島】

北海道南西部を占める渡島(おしま)半島南部のうち,西側を松前半島,東側を亀田半島という。半島の西部は日本海に面し,南部は津軽海峡を隔てて青森県津軽半島に対する。大千軒岳(1072m),前千軒岳(1053m)を主峰とする険しい渡島山地が海岸まで迫り,平地に乏しい。これらの山地を削って天ノ川,石崎川,知内(しりうち)川などの小河川が流れる。沿岸部には漁業集落が点在し,江戸時代から大正期までニシン漁が盛んに行われたが,現在は零細な沿岸漁業が行われるものの,恒常的な出稼ぎ地帯になっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まつまえはんとう【松前半島】

北海道南西部、渡島おしま半島南西部、津軽海峡に突出する半島。大千軒岳・前千軒岳があり、南端は白神岬。青函トンネルの北海道側入り口。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕松前半島(まつまえはんとう)


北海道南西部、渡島(おしま)半島南西端を占める半島。津軽(つがる)海峡に面し、函館(はこだて)湾を挟み東方の亀田(かめだ)半島に対する。大千軒(だいせんげん)岳(標高1072m)を主峰とする山地が海岸に迫り、平地は少ない。南端の福島(ふくしま)町から津軽半島の龍飛(たっぴ)崎へ青函(せいかん)トンネルが通じる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松前半島
まつまえはんとう

北海道南西部、渡島(おしま)半島の南西部を占める半島。南東部の亀田(かめだ)半島と対する。東は日本海、南は津軽(つがる)海峡に臨む。渡島山地の大千軒(だいせんげん)岳、前千軒岳、袴腰(はかまごし)岳などからなり、これらの山地を刻んで天(あま)ノ川、石崎川、茂草(もぐさ)川、知内(しりうち)川、木古内(きこない)川などが流れる。沿岸は数段の海岸段丘からなり、平地は少ない。大部分が古生層、新第三紀層、安山岩で、花崗(かこう)岩も露出する。ブナやイタヤカエデの広葉樹が分布し、トドマツの南限地でもある。道内でもっとも早く開けた地で、ニシンの千石場所としても知られた。沿岸を国道228号が通り、南東部の福島町吉岡と本州龍飛(たっぴ)崎間には青函(せいかん)トンネルが完成した。海岸は松前矢越(やごし)道立自然公園に指定。[瀬川秀良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松前半島の関連キーワード北海道檜山郡上ノ国町北海道檜山郡厚沢部町松前(町)(北海道)北海道松前郡福島町北海道上磯郡知内町北海道松前郡松前町厚沢部[町]上ノ国(町)イタヤカエデ福島(町)松前[町]渡島大島江差町江差線勝山館松前町白神岬函館湾矢越岬亀田

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松前半島の関連情報