コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓信の股くぐり かんしんのまたくぐり

大辞林 第三版の解説

かんしんのまたくぐり【韓信の股くぐり】

〔史記 淮陰侯伝
韓信が若い頃、町で無頼の青年に辱められ相手の股をくぐったが、のちに大をなしたという故事。大志のある者は目前の小事には忍耐して争わないというたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

韓信の股くぐりの関連キーワードたとえ目前青年故事大志小事史記韓信

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android